レビュー一覧に戻る
セラフィーヌの庭
2010年8月7日公開

セラフィーヌの庭

SERAPHINE

1262010年8月7日公開

jac********

5.0

セラフィーヌ・ルイという画家の物語

セラフィーヌ・ルイという画家は日本での知名度はゼロに等しいが、その絵をみればその鮮やかな色彩と躍動性に感動を覚えるだろう。彼女はただの掃除婦として生きて、片手間に絵を描いていた。成功を掴めそうになるも、世界恐慌など時代に恵まれず、徐々に精神を病んでしまった。不遇な天才画家を映画はリアリズム的に描く。女優の演技等、非常に上質でセザール賞7部門制覇もうなずける。ヨーロッパ映画の上質さを感じられる。彼女の絵にインスピレーションを得た者としては、本映画を観て絵に対する理解が深まったと思う。

閲覧数1,575