レビュー一覧に戻る
セラフィーヌの庭
2010年8月7日公開

セラフィーヌの庭

SERAPHINE

1262010年8月7日公開

fg9********

4.0

彼女の魂がそのままキャンバスに……

 …あらすじは、解説のとおり。  セラフィーヌという女性画家は全く知らなかったが、この作品に登場する画商が最初にピカソを見い出したらしい。  前半部分の、貧困に喘ぎながらも、家政婦を続けながらひたすら絵を描き続ける生き様が健気で切ない。  後半部分の、太っちょの体型にウェディングドレスを纏って、隣近所に家財道具を配りつつ、次第次第に心が蝕まれていく様が何とも痛々しい。  映画の中で彼女の絵が何点か紹介されるが、彼女の魂がそのままキャンバスに塗り込められたかのような作品には、思わず目を瞠ってしまっていた。  なかなかの佳作だった。

閲覧数603