2011年2月11日公開

あしたのジョー

1312011年2月11日公開
あしたのジョー
3.8

/ 1,866

41%
24%
15%
10%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

東京の下町で捨て鉢な生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサーの丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見いだされるも、問題を起こして少年院へ入ることに。丈はそこでプロボクサーの力石(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たし、やがて少年院を出た彼らは良きライバルとしてボクサーとしての実力を磨いていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1,160件)

かっこいい24.6%勇敢17.3%泣ける17.0%切ない11.6%悲しい5.9%

  • mas********

    2.0

    不滅の名作。

    山P、伊勢谷さん2人共に似せる為の努力は認めますがマンガのキャラを演じるには ビッグタイトル過ぎて実写には誰が演じても無理だと思う!まして段平は香川で無くても良かった気がします。(^^)

  • qgf********

    5.0

    山下智久凄い

    正直不動産見て、山下智久さんの別の作品見て見たくなり、見ましたが、 この頃から、役に対する思いが半端なく凄いと思いました。 山下さんだけでなく、他の人達の思いも凄い! 映画もしっかりリアリティあり 素晴らしい作品でした。

  • pbp********

    2.0

    実写版はアニメにはおよばない

    矢吹も力石もキャスティングは困難。漫画・アニメでは真っ白に燃え尽きたジョーの結末は読者に委ねられているが通説で、千葉はカーロスと同じようになったジョーを洋子が見守るというその後の想像を提示したことがある。しかし、梶原のた他作品同様、明らかに最後にリングで死ぬことを想定していたことは明らかである。最後に妥協的に梶原も曖昧にしたというのが正解であろう。少なくとも梶原原作の場合、主人公は死で終わるのです。タイガーマスクは漫画原作では不条理に死に、アニメではしななかったように。

  • Cakewalk

    4.0

    伊勢谷友介の減量が凄い

    以前は原作見てない状態での鑑賞だったけど、今回は原作読んだ上での鑑賞だったから原作と比較しながら見れて楽しめた。 計量シーンでの伊勢谷友介の絞り具合が凄まじい。 本物のプロボクサー並みの絞り具合。 香川照之はコスプレ感がやや否めない。笑

  • 宮崎是彰

    4.0

    意外と面白い

    有名なマンガの実写版ですが、意外と面白い。 ストーリーは主人公のジョーとライバルの力石との戦いに焦点が当てられています。 これは非常によくまとまっています。テンポもよく、ややダイジェスト感はありますが、これは原作を知っていないと感じないかな。初見では大丈夫だと思います。 終盤の有名なシーンではわかってはいても叫びたくなります。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
あしたのジョー

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル