ここから本文です

何も変えてはならない (2009)

NE CHANGE RIEN

監督
ペドロ・コスタ
  • みたいムービー 17
  • みたログ 25

3.29 / 評価:7件

彼女の生き方には好感が持てるが

  • スタシオン さん
  • 2010年12月15日 0時02分
  • 閲覧数 275
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

京都みなみ会館で観ました。土曜日のレイトショーで観客は4人。

上映が始まるといきなりジャンヌ・バリバールのアップ映像が写しだされます。顔の半分くらいに光を当てて残りは暗闇に紛れさせている、ある意味不気味な映像にどきりとします。

主演女優・パートナーのギタリストのどちらも、いかにも芸術家というタイプの人間なのですが、練習風景の描写では物語の進展のなさに苛々してしまいました。

また、監督の意図が見えない部分が多々あり、音楽映画として致命的な「のめり込む要素がない」という欠点を抱えているように思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ