レビュー一覧に戻る
SP 革命篇
2011年3月12日公開

SP 革命篇

1282011年3月12日公開

スナフキンM

2.0

小難しくしないほうがよかったと思う。

SPシリーズって元となったテレビシリーズが深夜枠でありながら、とんでもないクオリティで驚いたんだけど、やっぱり日本にはなかなかない本格的アクション映画であることが最大の魅力だと思うんですよね。 そういう意味で、新SPチームとの壮絶な戦いや国会議事堂の素晴らしいセットでのアクション(特に真木よう子が机に飛び乗って拳銃構えるところは最高にスタイリッシュでカッコいい。)はらしさが出てていいが、なにしろこの作品は話が面倒臭くなって、重苦しい。 特に尾形のくだりは確かにTVからの伏線の回収ではあるのだが、尾形は元々テロリストだったことになるし、それも国家のためではなく、個人的な感情であるところがどうにも受け入れがたい。この映画をそういう考えさせる内容にする必要はなかったと思う。 なんだかマトリックスを想起させるんですよね。1作目がとんでもなくスタイリッシュ。2作目で超絶アクションもさえたのだが、完結の3話でストーリーが難しくなりすぎて、アクションを楽しめなかった。ちょっと見ていてストレスを感じるのが欠点。

閲覧数1,696