レビュー一覧に戻る
SP 革命篇
2011年3月12日公開

SP 革命篇

1282011年3月12日公開

マリ

3.0

ネタバレラストとは思えないラスト

尾形が井上宛に書いてた手紙の内容が明かされるのかな? 警察内部の闇が明かされるのかな? 尾形の取り調べで何か分かるのかな? と自分の中でここから先が気になる、という時点でブツ切りのようにラストを迎えてしまいビックリ。 せめてあんなに引っ張った手紙の内容くらいは明かしてくれてもいいのでは? アクションシーンはテンポやメリハリがあって野望篇よりは良かった。 堤真一は結局日本を覚醒させることではなくて、私怨を晴らしたかっただけのようなストーリーになってて微妙。ドラマで築いてきた尾形のイメージはそんな小さいオトコじゃないんだけどな…少なくとも革命にはなってない。 個人的には堤真一のスーツ姿が好きなのと、真木よう子が可愛くてカッコ良いのと、議場への突入シーンのスローモーションが印象的だったのとで、★4つと思ったのですが、ラストのモヤモヤでかき消されて総合は★2つで…。 堤真一は好きな俳優さんだけど、すごくイケメンでドキッとするときと全然イケメンでなく見えるときのギャップが激しい人のひとり…

閲覧数3,976