ここから本文です

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ (2008)

HET NIEUWE RIJKSMUSEUM/THE NEW RIJKSMUSEUM

監督
ウケ・ホーヘンダイク
  • みたいムービー 49
  • みたログ 75

3.33 / 評価:27件

解説

レンブラントやフェルメールなどの傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館の改築工事に密着したドキュメンタリー。2004年に大規模な改装工事が始まるものの、度重なるトラブルによって工事が進まない美術館改築をめぐる騒動の全容に迫る。4年以上にわたる綿密な取材から、異なる立場のさまざまな意見が絡み合い、こじれていった様子が映し出される。また、展示構成の議論や絵画の修復、美術館運営の会議など、通常は見ることのできない美術館の舞台裏が興味深い。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

2004年、レンブラントやフェルメールなどの傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館で大規模な改築工事が始まった。「みんなに愛される美術館」を目指して館長や学芸員たち、建築家が試行錯誤する中、美術館を貫く通路をめぐり地元民がプランの変更を求めて猛反発。さまざまな立場の人々の意見が飛び交い計画は二転三転し、工事は中断する事態になってしまう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ