ここから本文です

ラバーズ ~覆う女~ (2010)

監督
渡邊貴文
  • みたいムービー 5
  • みたログ 18

3.22 / 評価:9件

映像特典に出てたダースベイダーに満点!

  • tengu3711 さん
  • 2010年10月31日 2時15分
  • 閲覧数 446
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

どーも、田中麗奈の「お泊り写真」観て眠れなくなったオヤジです。

麗奈といい、優といい、ひかりといい、涼子といい、

なぜ、皆、秋になって急にサカった様に「男」ができるのだ!!<`ヘ´>


けしからん!!


「けしからん!」と言えば「SP」だ!

予告編で、なぜ?真木よう子の「監禁シーン」とか「拷問シーン」が無いのだ!!

ドラマ版では、真木よう子の縛られシーンに、全国のお父さん達が、おぉ!と、声を上げたのに・・・

予告編で、真木よう子が胸元縛られるシーンがあったら、

テレビの前で、味噌汁飲んでたお父さん達の手が、8割は止まったと思うぞ!


「まゆみ、岡田君のファンだったよなぁ・・・」
「うん・・・なんで・・・」
「やぁ・・・岡田君の映画、お父さんとたまには、一緒に観に行くか?」
「え?・・・・ほんと?お父さん!!」

全国の家庭で、こうした温かい会話が、交わされるハズだったんだよ <`~´>


無論、お父さんの目当ては、違う所だが、「ヤッターマン」の夢よ再び!

全国のお父さんが「SP」と言えば、

「真木よう子の縛られシーン」と、信じていたのに・・・全く、ケシカラン!!


とまぁ、怒りを鎮める為に、レビューをば、ひとつ。

「ラヴァーズ」2010年作品。

恋人達じゃあ、ありません。「ラヴァーソウル」のラヴァーね。

つまり、「ゴム」の事です。

「ラヴァーフェチ」と言って、ゴム性の衣装を着ると、テンション上がる人達ですな。

まぁ、コスプレの一種です。

日本より、海外の人の方が、好きな人多いですよね。

端的にいうと、クライヴ・パーカーの、映画「ヘルレイザー」に出て来た魔導師達が、

着ていた様な服です。


この「ラヴァーフェチ」な女の子が、「戦隊もの好き」という同じ趣味で、

職場の男と付き合う様になり・・・自分の趣味を相手が受け入れてくれるかどーか・・

というラブ・ストーリーです。

主演は、恵比寿マスカッツの希志あいの。

共演は、山下敦弘作品でお馴染み、山本浩司。

新橋フレディダンサーズ・リスペクトの俺としては、外せない作品でした。


映画自体は、真面目な恋愛もので、「いい感じ」でしたが、

何より、最高だったのは、何故か、「特典映像」に出て来る、モノホンの人。

その「イデタチ」に、思わず5秒フリーズすること、間違いなし!!

どうして、この「ヘルボーイ」に出て来た半漁人みたいな人を出したのか?

その意図は、不明だが、兎に角、モノスゴイ。


で、ラヴァーマスクした、この人に映画の感想を訊いたりしている(ナゼ?)

で、半漁人の方も、ダースベイダーみたいに、「スーハースーハー」言いながら、


「コノヤマモトサンの、スタイルはカンペキですね。ラヴァーハダイニノ肌ジャナケレバ
イケマセン・・・・」

なんてウンチクを、延々熱く語っている。

その語り口が、どことなく、藤岡隊長に似ていたりして・・・兎に角、モノスゴイ!!

映画本編よりも、「この道25年」の、このダースベイダーに、

すべて、持って行かれた感が、ある。


なんか・・・この映画・・・「こだわりのある大人のエロス」シリーズらしい。

でも、このラヴァー衣装・・・・デブが着たら、多分、コントになると思うよ・・・


俺は、ひたすら、「ダイエットにいいだろうなぁ・・・」と思って観ていたけど・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ