2010年11月19日公開

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I

1462010年11月19日公開
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
3.8

/ 1,937

28%
34%
27%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

17歳に成長し、ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生となったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。親友のロン(ルパート・グリント)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)と共に、宿敵ヴォルデモート卿の魂が宿った分霊箱捜しの旅に出るが、すぐには見つからず、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(735件)

ファンタジー14.8%勇敢10.0%不気味8.4%恐怖7.4%悲しい6.5%

  • unc********

    4.0

    これもまた、泣けた

    ハリーの7変化以上の、変化に面白さが加わりました。 ドビーが、かわいく、頼もしくなってきたのに、最後の展開には、泣けました。

  • hir********

    2.0

    面白さわからず

    謎のプリンスから観たけど 本作もイマイチ 暗いし 戦闘もそんなかっこよくないし もう一回みたい作品、内容じゃなかったな

  • s.arata

    4.0

    ハリポタシリーズ7/8作目!いよいよクライマックス!ラスト3部作の2作目!!

    ・2010年公開のイギリス(アメリカ)のファンタジー映画。 ・映画[ハリー・ポッター]シリーズ第7弾(全8作)です。 ・ヴォルデモートを完全に消滅するために必要な彼の魂を分けた7つの分霊箱を破壊するために活動する中、ダンブルドアが彼らによって殺されてしまう。悲しみに中、それでもハリーとロン、ハーマイオニーは分霊箱を自分たちで探してヴォルデモートを消滅させることを決意する。ここまでが前作。そして、いよいよ本作ではヴォルデモートとの最終決戦に向けて分霊箱を探す旅に出たハリー達、ますます力をつけるヴォルデモート達、ハリーに協力するホグワーツ魔法学校。物語はいよいよクライマックス。その前編。 という大枠ストーリー。 [お薦めのポイント] ・いよいよクライマックス(前作からの一気観がお勧め!) ・現実世界とハリポタ世界の完全融合 ・ドビーの頼もしさに感動 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ [物語] ・前作からの一気観がお勧め!  ∟やはり物語の構成は、第6作「ハリーポッターと謎のプリンス」から最終3部作になっていますね。なので、これまでの作品を観ていない方も、少なくとも前作から一気に鑑賞されることをお勧めします。 ・冒頭のハーマイオニーがかなり切ない。そして、確固たる決意を感じ、これから始まる物語へのワクワクさを増してくれます。  ∟ダンブルドアを殺されて、精神的支柱をなくすもハリー・ロン・ハーマイオニーは3人でヴォルデモートを完全消滅させるために必要となる7つの分霊箱を破壊するために旅立つことを決意。そのため、冒頭ではそれぞれが家族との別れをします。特にハーマイオニーが、家族の記憶から自身を消してしまうシーンはかなり切ないです。しかし、それだけの決意があって3人で旅立つ。つまり、それだけ危険で壮大な物語が始まることを予感せずに入られません。 ・まるで映画[ロード・オブ・ザ・リング]のような人間関係の悪化こそが起伏(ピンチ)を発生させて、横道な映画らしさを感じさせてくれました。  ∟分霊箱の一つであるペンダントを常に身に持つ3人は、その力によって心が乱されます。深い絆で結ばれ、それぞれが確固たる決意をして旅だったはずなのに、この力によって関係が悪化してしまいます。これはまるでロード・オブ・ザ・リングの指輪のような効果と流れ(第1作が同時期の公開なだけに、当時「似ている映画だなぁ」と思っていましたが、ここにきてもそれを感じますね)。しかし、この人間関係の悪化こそが物語に起伏(ピンチ)とドラマチックさをもたらしてくれ、映画たらしめてくれていると感じました。 ・「分霊箱」と「死の秘宝」の謎解き要素が強く、素直に物語へ惹きつけられます。  ∟若干の唐突さを感じた「死の秘宝」笑 しかし、「死の秘宝」と「分霊箱」がヴォルデモートを消滅させるための大きなカギとなります。それがいったい何なのか、どこにあるのか。それが気になって、素直に物語に対して惹きこまれます。 [映像×演出] ・現実世界とハリポタの世界の完全融合にリアリティと感動を覚えます。  ∟思えば、5作目(不死鳥の騎士団)あたりから、ファンタジーの世界と私たちの現実世界がつながっているようなリアリティを感じはじめました。そして、本作ではそれがもうあたりまえの状態。ハリポタの世界と現実世界が完全融合した感じです。特に、序盤でハリーがヴォルデモート達に見つからないように移動するシーンでは、現実世界の中で敵との戦い(逃げるシーン)は圧巻です。 ・映画[ファンタスティック・ビースト]の伏線~!  ∟既にこの時、この後の映画[ファンタスティック・ビースト]との関連性が提示されていたんですね(先にそちらも観ていたので、それが解りました)!なんか、感動です。漫画[NARUTO]や[ONE PIECE]のような簡単にはわからせない伏線の張り方は、このシリーズの素敵な部分の一つですね。 ・頼もしいドビーに感動!  ∟2作目(秘密の部屋)で登場したドビーが、本作ではキーマンになってきます。ハリー達を助けてくれるドビーの行動力や考え方に頼もしさと感動を覚えて涙します。 [音楽] ・特に際立って感じたことはありません。 [演技・配役] ・ハリー、ロン、ハーマイオニーが三人とも頼もしくて、子供だった彼らが成長し、いよいよラストであることを実感させられます。 ・ラドクリフさんが、ふとした瞬間にどことなく、私の大好きな映画[バック・トゥ・ザ・フューチャー]のマーティーことマイケル・J・フォックスさんに見えて、第1作の可愛らしさからカッコよさを感じるようになりました。 [全体] ・前後編に分かれているため致し方ありませんが、映画の終わり方が何とも言えませんでした。DVD化されて一気観できる今なら何とも思いませんが、当時映画館で鑑賞して、次作まで期間が空く、と言われたらモヤモヤがたまりませんね💦 ・とはいえ、物語のラストに向けた最後の助走。これをしっかりと鑑賞することで、PART2で気持ちよく締めくくれると信じています!このまま次作、ハリー・ポッターの総仕上げを鑑賞したいと思います。ありがとうございました。 #映画 #ハリー・ポッターと死の秘宝PART1 #HARRY-POTTER-AND-THE-DEATHLY-HALLOWS:PART-I #2010 #ファンタジー #デイビッド・イェーツ監督 #J・K・ローリング #ダニエル・ラドクリフ #ルパート・グリント #エマ・ワトソン #ハリー・ポッターシリーズ #シリーズ映画 #全体3.6 #物語3.6 #演出3.6 #演技3.6 #配役3.6 #映像3.7 #音楽3.7

  • スーザン

    3.0

    暗さはシリーズ屈指。

    映像も内容もとにかく暗い。 ホグワーツを離れ森の中のシーンが多く、主役三人の葛藤もひりひりしたシーンの連続。 この緊張感は原作以上かもしれない。 そこが映像の強みである。

  • kas********

    3.0

    ロン役の…

    ルパートがあんなにマッチョに身体作ってきて監督は「お前、役考えろよ!」って説教しなかったんだろうか? …って思う。(苦笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
ルパート・グリントロン・ウィーズリー
エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
ヘレナ・ボナム・カーターべラトリックス・レストレンジ
ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
トム・フェルトンドラコ・マルフォイ
レイフ・ファインズヴォルデモート
ブレンダン・グリーソンアラスター・“マッド-アイ”・ムーディ
リチャード・グリフィスバーノン・ダーズリー
ジョン・ハートオリバンダー老人
ジェイソン・アイザックスルシウス・マルフォイ
ヘレン・マックロリーナルシッサ・マルフォイ
ビル・ナイルーファス・スクリムジョール
ミランダ・リチャードソンリータ・スキーター
アラン・リックマンセブルス・スネイプ
マギー・スミスミネルバ・マクゴナガル
ティモシー・スポールピーター・ペティグリュー
イメルダ・スタウントンドローレス・アンブリッジ
デヴィッド・シューリスリーマス・ルーピン
ジュリー・ウォルターズウィーズリー夫人
ボニー・ライトジニー・ウィーズリー
ジェームズ・フェルプスフレッド・ウィーズリー
オリヴァー・フェルプスジョージ・ウィーズリー
ジョージ・ハリスキングズリー・シャックボルト
イヴァナ・リンチルーナ・ラブグッド
マシュー・ルイスネビル・ロングボトム
マーク・ウィリアムズアーサー・ウィーズリー
ナタリア・テナニンファドーラ・トンクス
デイヴ・レジーノグレイパック(狼人間)
ワーウィック・デイヴィスグリップフック(小鬼)
ピーター・ミュランヤックスリー
ガイ・ヘンリーパイアス・シックネス(新魔法大臣)
ドーナル・グリーソンビル・ウィーズリー
アンディ・リンデンマンダンガス・フレッチャー
リス・エヴァンスゼノフィリウス・ラブグッド
デヴィッド・ライオールエルファイアス・ドージ
マッティエロック・ギブスミュリエルおばさん
ニック・モランスカビオール
ジェイミー・キャンベル・バウアーゲラート・グリンデルバルト
ミシェル・フェアリーグレンジャー夫人
レイド・サーベジヤグレゴロビッチ
フランク・ディレイントム・リドル(回想)
ジム・ブロードベントスラグホーン(回想)
マイケル・ガンボンアルバス・ダンブルドア(回想)
スカーレット・バーンパンジー・パーキンソン
ジョシュ・ハードマングレゴリー・ゴイル

基本情報


タイトル
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

原題
HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I

上映時間

製作国
イギリス/アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル