ここから本文です

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011)

HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II

監督
デヴィッド・イェーツ
  • みたいムービー 483
  • みたログ 4,731

4.11 / 評価:2406件

完結編に相応しい盛り上がり

  • レンオウパパ さん
  • 2017年4月9日 0時16分
  • 閲覧数 1262
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

さて、今更ハリポタシリーズを、初めて1から鑑賞したのですが、ついに完結編の本作を、たった今観終わりました。


感想は……良かった!

前編となる「死の秘宝パート1」では、とにかく地味な展開が続いたので、ちょっとこの完結編大丈夫だろうか?と不安になっていたのですが、それは杞憂に終わりました。

前作で溜まった鬱憤(?)を晴らすかのように、この後編は、最初から最後までとにかく見せ場の連続で、完結編に相応しい盛り上がりを見せてくれました。


キャラクター全員にキッチリ見せ場が用意されていて、ここまでシリーズをキッチリ観てきた人間は、間違いなく興奮出来る内容です。


特に本作はこれまで脇役だと思っていたキャラクターが光っていましたね。

ただの地味な同級生役だと思っていたネビルの本作での活躍っぷりなんて、物凄く意外であるのと同時に、彼の隠れた漢っぷりに、凄く勇気を貰いました。

脇役と言えば、ウィーズリー家の母ちゃんが、母としてブチギレたラストでの格好良さや、意外な一面を見せるマクゴガナル先生なんかも光ってましたね〜。


そしてやはりスネイプ先生。
絶対にただの悪役ではないと思っていましたが、本作で明かされる彼の裏ストーリーも胸を打つものがありました。


それとは対照的にドラコの情けなさ…
最後くらい、ちょっとはカッコ良いところを見せてくれるのかと思ったら、最後の最後まで情けないヘタレ過ぎて悲しくなりました…

1で出てきた時は、ハリーのライバルになっていくのかと思ってましたが、まったくそんなタマではなかったですね(苦笑


まあ何はともあれ、今更観たハリポタシリーズ。

正直作品単位で観れば、映画としての出来は、微妙と思えるようなものも多かったですが、最後の最後でここまで盛り上げてくれたら、やっぱり最後まで観て良かったと思えるものがありました。

脇役キャラの活躍に胸が熱くなるのなんて、やっぱりシリーズ通して観てこその感動ですしね。


思ったよりダークなファンタジーで、人死にが出るような作品だというのも意外でした。
観る前は、もっとファンシーな子供向けファンタジーだと思っていましたね。
やっぱりイメージだけで見ずにいると、損をしますね(笑



子役の俳優たちが、皆作品と同時に成長し、子供から大人までの彼らの変化、成長を、三十路の子持ちおっさんである私は、親目線で見られたのも楽しかったです。

私の年齢ですとそうなりますが、ハリー達と同年代で、1からシリーズをリアルタイムで追いかけ、ハリーたちと同時に成長してきたような子なら、それこそこのシリーズは、本当に生涯心に残るような特別な作品となっていくのではないでしょうか。



小学四年生になったウチの息子も、飽きることなく、1からシリーズ完結まで私と一緒に楽しんで観ていました。

これで一緒にハリポタごっこして遊べます(笑


というわけでハリー・ポッター、良かったです!五つ星!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ