ここから本文です

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 (2009)

LUFTSLOTTET SOM SPRANGDES/THE GIRL WHO KICKED THE HORNET'S NEST

監督
ダニエル・アルフレッドソン
  • みたいムービー 67
  • みたログ 986

3.55 / 評価:339件

解説

今世紀最大のミステリーと絶賛されたスウェーデンの3部作小説を映画化した『ミレニアム』シリーズ完結編。女性調査員リスベットの過去にかかわる秘密を封印しようとする巨大組織を相手に、リスベットとジャーナリストのミカエルが壮絶な闘いを繰り広げる。主演は、シリーズを通して続投するノオミ・ラパスとミカエル・ニクヴィスト。前作で新たに始まった謎解きが国家をも揺るがすスキャンダルへとつながり、ヒロインに仕掛けられたわなが暴かれていくスリリングな展開に息をのむ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

宿敵と対決したリスベット(ノオミ・ラパス)は相手に重傷を負わせたが、自らも深手を負い病院に収容される。一方、政府公安警察内の秘密組織「特別分析班」は、事件を通じて自分たちの秘密が発覚するのを恐れ、関係者抹殺に動き出す。多くを知りすぎたミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)にも危険が迫るが、仲間を集め巨大な陰謀を解明しようと奔走する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ