ここから本文です

フローズン (2010)

FROZEN

監督
アダム・グリーン
  • みたいムービー 109
  • みたログ 913

2.91 / 評価:531件

何処かで見たよふな

  • tokyo_sy*** さん
  • 2020年9月10日 0時07分
  • 閲覧数 227
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1789作品目。本編正味87分。FOX MOVIESチャンネルにて視聴。

この、極寒のスキー場と言う「究極の悪条件」の中で「生き残り」を掛けたサバイバル物。

確か、「ウルトラ極寒の中で、ゴンドラで何日間も」の映画を見た記憶が。
題名も似ていた様な・・調べて見たら「フローズン・ブレイク」。ロシア映画。
あちらはレビュー7件のみ。

どちらかが「二番煎じ」と思ったら、本作品の方が八年も早いので、こちらが本家なのかな。

さて。本作品。主役組の登場人物は三人。
ちなみに、三人で無理やり営業時間外のリフトに乗せて貰い、そのままリフト停止。深夜のリフトで中吊りのまま・・

以下、完全ネタバレ

主人公の女性
リフト三日目に落ちるモノの、下記Bが狼のご飯になっている隙に逃げ、なんとか一人だけ生き残る。車道に出た所で親切な人に救われ、病院に向かう車のシーンでEND

主人公の彼氏A
最初に「俺は降りるっ」とリフトから飛び降り、骨折し骨が飛び出る。
狼達の晩御飯になったお馬鹿君

彼氏の友人B
リフト二日目に、なんとかロープにつかまりリフト支柱から下に無事に降りる。ボードにまたがり下山を目指すモノの、狼達の二日目の晩御飯に。


この様に、キャラ説明だけでアラスジの完全ネタバレが済んでしまうレベルの映画です。
殆どが「リフトであーだこーだ愚痴」「貴方のせいよ」「言い過ぎてごめんなさい」とかの会話劇。低予算映画らしく、リフトでの映像が「合成100%」で白ける面も。

この映画を見て感じる事、学習する事は

・キチンとリフト代は払おう
・女友達と一緒と嘘を付き、男二人を連れて行くのは止めよう
・営業時間外になってから、リフトに乗るのは止めよう
・リフトに乗る時には、長いロープを持って乗ろう

この位かなあ。

そもそも、山奥じゃあるまいに、スキー場の「リフトの真下、スキーコース」に野生の狼がウロウロしているのが、そもそも変。

まあ。
役者はアレだし、CGなんぞ出番も無いし、延々とリフトでの言い合いを見るのは疲れるし、でも狼は可愛かった。

★1.5、四捨五入して甘目で★2

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ