2014年12月6日公開

ヘヴンズ ストーリー

PG122782014年12月6日公開
ヘヴンズ ストーリー
3.1

/ 121

12%
28%
27%
18%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

8歳のサト(本多叶奈)が友達と海で遊んでいると、近所のおばさん(渡辺真起子)が慌てて車で彼女を迎えに来る。サトの両親と姉がトラブルに巻き込まれて殺害されたため、彼女はひとり暮らしの祖父(柄本明)に引き取られることになったのだ。同じころ、トモキ(長谷川朝晴)は見知らぬ少年(忍成修吾)に妻と幼い娘を殺され……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(52件)

絶望的18.5%悲しい17.6%切ない15.7%恐怖8.3%泣ける6.5%

  • kaz********

    4.0

    憎しみの連鎖はどこかで断ち切らなければ

    題名は「ヘヴンズストーリー」だが、この世には天国なんてないといってる気がする。家族を殺された憎しみに囚われて復讐するなら、その憎しみは連鎖されいつまでも殺人がくりかえされるであろう。 4時間38分という長尺だが、登場人物の誰もが家族を殺されており、その人物たちが極めて近距離で生活しているというストーリーには少し違和感を持つ。9章に渡るエピソードは関連しているとはいえ、唐突な感じもする。『復讐代行業』の話は削っても良かったのではないか。それに海島に父を殺されたカナの出産も、復讐で死ぬ者たちとの対比を印象付けようとしているが成功しているとは思えない。なにしろ、現職警官が殺人を行う海島の振る舞いが甘く現実味がない。 物語は、父と母と姉を殺されたさとが、同じ妻と子を殺された佐藤知己の『刑務所の外に出たら必ず殺す』という弁舌を聴いて彼のファンになる。そして新しい家庭を築いていた知己に近づき、彼と行動を共にするというストーリー。知己のターゲットになる相川は若年性アルツハイマーを患う寺島恭子と養子縁組を行い出所する。過去の罪を反省した相川は、恭子の介護を献身的に行う。しかし、知己とさとはそんな相川を許してくれなかった。さとは、家族を殺した犯人は自殺し『私の殺したい人は、もういない』と分かっていながら、知己の復讐に深入りするのか分かららない。ラスト近く、知己に「怖くないのか」と問われ、「人はいつか死ぬものだから」と言い放つ。不毛の復讐が終わった後、さとは何を感じただろうか。 憎しみの連鎖は新たな憎しみを産みいつまでたっても平和は訪れない。どこかで断ち切る寛容性をもつ必要があるのでは。 とはいっても、それぞれのエピソードが重いテーマを持っており、力作には違いない。

  • oir********

    1.0

    才能の煌めきを欠いた思わせ匂わせ超長尺劇

    ざっくり言えば家族を殺された遺族と殺した人間の巡る因果の物語。 最終盤の生死の対比描写とエンドテーマなどから、監督自身は「罪と罰」「生と死」に対し非常なる高みの境地に達していると推察されるが、如何せんご自身の高尚なイメージを映像化するにあたり観客置き去り、自己陶酔・自己満足に浸りきってしまう傾向があるようだ。 時間軸やエピソードをかなり錯綜させているが論理的というよりは的外れの直感的。 そこには才能の片りんを感じることは微塵もできず、意味不明さと単なる冗長さにこちらが苦しめられるだけでしかない。 見始めて程なく監督が誰かということが気になり、イライラと共に監督に対する怨嗟の念が募っていった。 視聴後にさっそく調べて「楽園」の監督と知り、極度の自己陶酔性に合点できた次第。 その他の作品は知らないし、できれば今後は回避したい。 具体的に名前は出さないが、もし別の監督だったら4時間半というウルトラ長尺にせずとも、2時間半から3時間程度には凝縮し、なおかつこちらにも劇的な感情体験をもたらしてくれたに違いない。 本作監督:瀬々 敬久(ぜぜ たかひさ)という名前は忘れずに記憶しておきたい。 マイナス三つ星

  • mie********

    3.0

    ネタバレやはり長い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • なつ

    2.0

    Hulu

    なんだこれは、、、2時間でいいじゃないか、、、そんなに長くする必要があったか?

  • yab********

    3.0

    山崎ハコが命の尊さを表現できる唯一の存在

     誰だって死ぬんだという観点からすると、どんな死に方をしても死はみな同じ。命は軽いか重いかという観点からすると、とても命が軽い。  殺された殺し返す。やられたらやり返す。復讐なり、復讐代行が平気で行われる。  人が簡単に血を流し、人がいとも簡単に死ぬ。命がやはり軽い。  自分の両親と妹を殺された女の子がいる。自分の妻と子供を殺された夫がいる。人の復讐を代行する男とその息子。  女の子は妻子を殺された男とその犯人の若者に対しての復讐を試みる。  目には目をが、この作品を絶望へと導く。  死がすぐそこにあるという設定のうらはらに、新しい生命の誕生を設定するベタなシーン。  しかし、解せないのはその新しい母親は、死んだ復讐代行の男から長年金をせびり、彼が殺されてからは、拳銃を盗み妻子を殺した犯人を撃つ。その新しい生命の行く末が、とても懸念される。  そして、その復讐代行の男の息子の死や生に対する感度の悪さがとても気になる。  認知症になる人形作家役の山崎ハコの存在感が凄い。出所した若者と暮らし、次第に記憶を失っていく姿がとても印象的だ。  彼女をとり巻く認知症の世界のみ、命の重さが維持されている。そして、殺す、殺される、そして復讐という負のスパイラルを見事に止めている。  山崎ハコが、実は命の尊さを表現できる唯一の存在のような気がして、正直ほっとさせられた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


忍成修吾ミツオ
村上淳カイジマ
菜葉菜タエ
栗原堅一ハルキ
吹越満サトの父
片岡礼子サトの母
嶋田久作弁護士
菅田俊鈴木
光石研シオヤ
本多叶奈サト(8歳)
柄本明ソウイチ

基本情報


タイトル
ヘヴンズ ストーリー

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル