ここから本文です

ヘヴンズ ストーリー (2010)

監督
瀬々敬久
  • みたいムービー 117
  • みたログ 262

3.04 / 評価:117件

肥大していく憎悪の連鎖

  • 仙台っ子 さん
  • 2011年12月27日 23時05分
  • 閲覧数 2686
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

4時間38分を最後まで飽きさせない作りにしたのは凄いと思う。
生と死、罪と罰にまつわる全9章の長編。
日本の四季を織り交ぜながら、幾多の登場人物を絡ませていく。

本作はこの世に生き残ってしまった人々を映し出す。
彼らにとって「生きる」とは、怒りであり、憎しみであり、苦しみであり、悲しみである。
被害者と加害者間で、憎悪は肥大していき、暴力や復讐が連鎖していく。

その連鎖は「死」でさえも止めることはできない。
血の繋がりによって引き継がれた憎悪は、下の世代にも多大な影響を及ぼしていく。
無垢だったはずの子供たちが、トラウマや心の傷を抱えながら成長している姿。
その時間の流れを表すために、これほどの尺が必要だったのだろう。

終盤には新たな命の誕生を描いている。
この純真無垢な存在は、人間の闇に包まれた本作を明るく照らし出す。
この子だけは“自分たちのようにはなってほしくない”と誰もが祈っている。

けれども、命にまつわる重いテーマを扱っていながらも、不思議と心に響くものはない。
それは、罪と罰に関する事象が提示されるだけで、それを深く掘り下げることを作り手が拒否しているからだと思う。
瀬々作品にいつも感じることだが、基本的に物語を紡ぐという作業を終始忘れている。
生と死というテーマにまつわるエピソードを並べているだけに過ぎない。

演出も瀬々テイストの悪い面が出ている。
登場人物の感情が激しく揺れる度に、手持ちカメラも揺れに揺れる。
良かれと思ってやっているのだろうが、画面が見にくい上に、そんな演出をしなくても観客には演技で十分心情が伝わっている。
エンドクレジットで流れる彼が作詞した曲も、本作のテーマを全て歌詞で説明してしまい芸がない。
彼の作品を観るといつも思うことだが、もう少し観客を信頼して演出すべきだと思ってしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ