レビュー一覧に戻る
シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど
2015年8月29日公開

シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど

1032015年8月29日公開

boh********

4.0

脇がすばらしい

映画として面白いか、と言われれば疑問ですが、舞台は間違いなく面白かったでしょう。生で見られなかったので、映画の公開はありがたかったです。花道の音が脇から聞こえるなど、音響に工夫がされていて臨場感もありました。一幕見席からの屋号の声かけが後ろから聞こえたらもっとよかったですが。 ストーリー、演出的には、様々な歌舞伎パロディや時事が入れられていて、歌舞伎的な中に、宮藤官九郎さんらしさがよく出ていたと思います。ただ、少々後半失速した感があり、勘三郎さんや橋之助さんのような大物をもっと後半の見せ場で使えばよかったのにと思わなくもありませんでした。歌舞伎としては、見栄や花道の使い方が少々物足りなかったです。今後再演があるかもしれないし、リピーターもいたかもしれないので、「待ってました!」と言える場が欲しかった。退場は、見栄を切ってから花道で!これ、鉄則ですよね。 メインの役者さんの中では七之助さんがとてもよかったです。若くてきれいでけなげな未亡人をとても魅力的に演じていました。それから坂東三津五郎さん。存在感が無駄に大きくてそれだけでも笑えました。 舞台全体を支える脇役の方々のすばらしさは特筆に値します。一般の舞台だとどうしても脇役の力不足が舞台全体に響くのですが、そこは歌舞伎。脇の人が皆しっかりしていて、とても贅沢な舞台に仕上がっていたと思います。 これだけの役者達をこれだけ好き放題使って遊ぶと言うのは、脚本家冥利につきることではないかな、、と思いました。歌舞伎役者の皆様もとても楽しそうでした。「サヨナラ公演」というお祭りらしい雰囲気が観ている方にも伝わってくる、遊び心満載の楽しい歌舞伎だったと思います。

閲覧数930