レビュー一覧に戻る
シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど
2015年8月29日公開

シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど

1032015年8月29日公開

はなみずき

5.0

ネタバレ現代の歌舞伎!傾き!面白かったですv

この数年、歌舞伎のお芝居を観に行く機会が減ってしまった。 チケットをとるのがとても困難なのです。 特に、歌舞伎座さよなら公演と銘打った昨年1年間の興行は、 「名残に一度~~」 と思っても、満席・完売御礼でどうにも諦めるほかはなかったのです。 こうして、「シネマ歌舞伎」という形で観る事ができて、本当に嬉しいです。 テレビでも「劇場中継」を放送するけれど、「シネマ歌舞伎」との違いは 二重のライブ感。 テレビやDVDで観る舞台でも、観客ももちろん映っていて、 拍手や屋号の掛け声、笑い声、幕間のざわざわとした雰囲気も観る事ができるけれども、 どうしても他人事になってしまう。 映画館では、その映像を他のお客さんと一緒に観ているので、 画面の中のお客さんと同じような感覚で反応する事ができるのです。 笑いあり、ホロリとさせるシーンもあり、そしてちょっとサスペンス、 後半のどんでん返しも入った、 セリフはほぼ現代語ではあっても、歌舞伎の要素がたっぷりと入った、 楽しいお芝居です。 江戸時代、歌舞伎の新作がかかると、 観客は俳優の演技、華やかで奇抜な衣装、大がかりな舞台、賑やかな浄瑠璃、 そういうものに、毎回度肝を抜かれていたのかも… と、想像してしまいたくなるくらいに、本来の?歌舞伎テイストを堪能できます。 ストーリーも、"歌舞伎"にふさわしく、 【今】の社会問題をストレートに扱っています。 正社員に比べて安い賃金で仕事をする派遣社員の存在を、 肯定しつつも制度の歪みを思った以上にズバッと舞台上で糾弾されると、 派遣社員を経験した自分にとっては、身につまさます。 ゾンビたちは時折、どきっとする事をいうのです。 日々ぼんやり生きている者には、けっこうパンチが効いたセリフです。 是非作品を観てガツンと聞いてみて下さい。 「シネマ歌舞伎 法界坊」でも、素晴らしくキレた演技で場内を沸かせて下さった、 片岡亀蔵丈が、今回も様々なシーンで、オイシイ処を浚ってくれます。 何役もこなしていらっしゃるので、お見逃しなく。

閲覧数615