ここから本文です

セックス・クラブ (2008)

CHOKE

監督
クラーク・グレッグ
  • みたいムービー 10
  • みたログ 80

3.30 / 評価:27件

チャック・パラニュークの謎

  • しんまん さん
  • 2011年11月8日 13時03分
  • 閲覧数 1680
  • 役立ち度 16
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作は「ファイトクラブ」のチャック・パラニューク。

ファイトクラブに因んでの「セックスクラブ」なんかな~?

しかし・・・またひどい邦題である。

しかも「R-15」!

いやでも「そっち系」を期待するわな!



原題は「CHOKE」。

息が詰まったフリをして、

人からお金を恵んでもらう行為の事である。



セックス依存症のヴィクター(サム・ロックウェル)は、

依存症を治す為、「セックスクラブ?」に通っているが、

その会の人間ともついついヤッテしまう。


母のアイダ(アンジェリカ・ヒューストン)が、

認知症で入院しており、

その病院患者の「オババ達」ともヤッテしまう。

お金が無く、アイダの入院費を払う為、

「CHOKE」をやり、善人からお金を貰っているのである。



「CHOKE」はヴィクターが幼い時に覚えた「手」で、

幼い頃からアイダの為にやってきた事が、癖になった様である。

そんな母想いのヴィクターだが、

アイダはヴィクターの顔も名前も覚えていない。



看護婦のマーシャルは、

ヴィクターの出生の過去を調べて行くうちに、

ヴィクターがキリストの血が入った、

「ハーフクローン」だと言い出すが

・・・その真相は?!





「トイレの床でセックス」

「飛行機のトイレでセックス」

「部屋の床で強姦プレイ」

R-15なので過激なシーンは出てくるが・・・


若いネーちゃんとヤル時の、長回しのシーンは、おっぱいなし!

若いネーちゃんのオッパイが出てくるのは2、3回だけ!

しかも一瞬だけ!

・・・これはイタダケない。。。


変わりと言っては何だが「オババ」の・・・

いや、やめとこう。。。





ヴィクターの出生に関する真実は、

アイダがヴィクターの事を思い出した時に明かされる。

しかし、このオチの意味がいまいち分からない。



ヴィクターとアイダの関係は結局何だったのか?!

恐らく「親子愛」を伝えたかったのだろうが・・・



マーシャルとヴィクターの関係は何だったのか?!

恐らく、ヴィクターの「病気」を治せるのは、

マーシャルだと言いたかったのだろうが・・・

とにかく、「ひねり過ぎ」なのである。



聖人かセックス依存症か?

良い人か悪い人か?

罪人でもなければ、神のコピーでもない?

良い母か優しい息子か?


それは自分で選択出来る事・・・

どっちに飛ぶかより、まず飛んでみる事・・・


ファイト・クラブの時も思ったが、

ラストのオチの解釈が難しいし、曖昧な部分が多い!


分かった事は、

ヴィクターのセックス依存症が治っていない事、

また、飛行機のトイレで「ヤッテ」いる事である。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 不思議
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ