ここから本文です

ブロンド少女は過激に美しく (2009)

SINGULARIDADES DE UMA RAPARIGA LOURA/ECCENTRICITIES OF A BLONDE-HAIRED GIRL

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
  • みたいムービー 49
  • みたログ 92

3.05 / 評価:38件

ブロンド少女は過激におぞましく

  • tar******** さん
  • 2010年10月29日 18時37分
  • 閲覧数 649
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦慄の傑作。
一切の無駄ははぶかれ、淡々と恐ろしい話が転がってゆく。
もうこちらは「一体何が?」と画面から目が離せなくなる。
それでも淡々と、妖しく運ばれる男と不思議な扇を持った
ブロンド少女の関係は進み……。

こちらの窓と向かい側の窓。
見えるものと見えないもの。
そして見なくてはいけないもの。

いや、実におぞましい話だ。
100歳を超え、このおぞましい話を撮るオリヴェイラの妖しさ。
『夜顔』も相当妖しい話だったが
彼の作品からは目が離せない。
フィルムセンターで見逃したものもほぼ見たが
艶の失せなさは、もやは魔物的。
こっちもオリヴェイラ麻薬の中毒患者になりそうだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ