ここから本文です

ブロンド少女は過激に美しく (2009)

SINGULARIDADES DE UMA RAPARIGA LOURA/ECCENTRICITIES OF A BLONDE-HAIRED GIRL

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
  • みたいムービー 50
  • みたログ 92

3.05 / 評価:38件

百年の恋も…

  • margo_g_g さん
  • 2010年11月25日 0時02分
  • 閲覧数 563
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ブロンド少女は確かに美しい小悪魔の風情があるんだが、「過激」という邦題は納得がいかない。「過剰」のほうがいい。

ブロンド幻想は善良な男の判断力を鈍らせる。
寓話の短編ならあっさり淡々と進行するのもわからなくもないが、あまりにあっけない最後に劇場の空気がざわざわしてた…主人公が終始狐につままれたような顔をしていたが、こちらもそういう気分になった。それが演出の狙いなんだろう。う~ん…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ