ここから本文です

ブロンド少女は過激に美しく (2009)

SINGULARIDADES DE UMA RAPARIGA LOURA/ECCENTRICITIES OF A BLONDE-HAIRED GIRL

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
  • みたいムービー 50
  • みたログ 92

3.05 / 評価:38件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2016年10月5日 23時28分
  • 閲覧数 763
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

遺作『アンジェリカの微笑み』(14)とともに初DVD化され、やっと観ることができた。めでたい。
監督が丁度100歳時の作品である。
原作は、19世紀に書かれた短編小説「ある金髪女の奇行」。
この国の街角はどこを映しても時代を超越した趣があって羨ましい。
主人公が一目惚れするブロンド(?どちらかといえば茶髪)少女(カタリナ・ヴァレンシュタイン)は、美形だが内面が描かれることはない。
監督好みの美貌、それがすべてだったのかもしれない。
だからだろうか、この女優はその後ほとんど映画に出ていない。
オリヴェイラ監督の戯れの美学が、64分という尺のなかに凝縮された佳作。
評価は3.5★。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ