2010年11月20日公開

バトル・ロワイアル3D

R15+1202010年11月20日公開
バトル・ロワイアル3D
3.2

/ 133

23%
29%
12%
16%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

少年犯罪撲滅のためBR法(新世紀教育改革法)が可決・施行されるが、それは健全な大人を育成するという目的のもと、全国の中学3年生から無作為に選ばれた1クラスを最後の一人になるまで殺し合わせるというものだった。やがて無人島に拉致された42名の中学生たちは、担任キタノ(ビートたけし)からゲームの開始を告げられる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(56件)

絶望的17.5%恐怖12.8%パニック10.4%切ない9.0%勇敢8.5%

  • vic

    3.0

    映画はここまできてほしくない!!!

    映画は楽しみ、悲しみ、色んな感性を育てるもの。 それなのにあえて3Dにすることで、血しぶきがとびちって、あたかも自分が殺害したような不快感。 そこまでしてお金が欲しいのか? 映画が3Dになるのはいいことだけど、人を殺して、その臨場感を3Dであらわすのは 間違っている!!

  • ままお

    2.0

    10年前の映画だと知らずに見てしまった

    「藤原竜也が中学生役をよく演じているな」「藤原竜也はデスノートがあたったので、同様の映画の主演をしたのかな」「ビートたけしが若いな」、とか、エンドロールで、柴咲コウや栗山千明とあるので、「どこに出ていたの?」なんて思いながら見ていました。監督も「深作欣二」となっていたので、あれ?随分、前に撮影されたのかな、なんて思ったりもしました。 10年前にも同名の映画が公開されていたのは知っていました。この映画は、10年前の映画の続編かと思っていましたが、実は10年前の映画を3Dにしただけだったんですね。なので、当然にして、10年前の映画も未見です。 ビートたけしは、2010年の公開された「アウトレイジ」と重なる部分があります。この映画で役ははまっていましたね。 この映画は、多くのシネコンで上映するような映画ではないですね。それは、倫理的に問題があるかどうかという以前に、多くのシネコンで上映する規模にしては、当たらない、ヒットしない、儲からないだろうな、という意味です。この映画は、大衆受けするような映画ではないと思いました。ミニシアター系で上映するのが適しているとは思いますが、映画の製作にお金がかかっているので、ミニシアターのみでの上映は難しいでしょうね。 10年前は、シネコンも今ほど多くなく、今よりも映画業界は不振でした。映画を見る層も、今よりも限られていました。そんな時代の上映ならよかったかもしれませんが、今はそうではありません。 内容的にも、東映らしい映画だな、と思いました。東映は「ワンピース」や「相棒」を除いては、ヒット作に恵まれていません。10年前の映画だと知らない時点でも、東映は市場にあわない映画を作っているな、という印象をもっていました。また、その時点でも今でも、3Dで簡単に稼ごうとしているな、と思っています。

  • チソポー・カン

    1.0

    ネタバレ3Dで上映する意味あんの?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sir********

    1.0

    ネタバレメッセージ性無し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kis********

    1.0

    !!!!

    待って!!コレ3Dにする必要ない!!!!こんな映画3Dで体感してどうするの?? こんな理不尽な殺人に「より迫力を」求めて何になるの??? ありえない。この映画を作った監督もありえなかったけど、 それを改めて3Dにして流す、て提案した人は余計にありえない。 思考回路どうかしてる。 出演者には悪いけど、自分はこれを至上最強に最低な映画だと思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
バトル・ロワイアル3D

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日