レビュー一覧に戻る
バトル・ロワイアル3D
2010年11月20日公開

バトル・ロワイアル3D

R15+1202010年11月20日公開

ままお

2.0

10年前の映画だと知らずに見てしまった

「藤原竜也が中学生役をよく演じているな」「藤原竜也はデスノートがあたったので、同様の映画の主演をしたのかな」「ビートたけしが若いな」、とか、エンドロールで、柴咲コウや栗山千明とあるので、「どこに出ていたの?」なんて思いながら見ていました。監督も「深作欣二」となっていたので、あれ?随分、前に撮影されたのかな、なんて思ったりもしました。 10年前にも同名の映画が公開されていたのは知っていました。この映画は、10年前の映画の続編かと思っていましたが、実は10年前の映画を3Dにしただけだったんですね。なので、当然にして、10年前の映画も未見です。 ビートたけしは、2010年の公開された「アウトレイジ」と重なる部分があります。この映画で役ははまっていましたね。 この映画は、多くのシネコンで上映するような映画ではないですね。それは、倫理的に問題があるかどうかという以前に、多くのシネコンで上映する規模にしては、当たらない、ヒットしない、儲からないだろうな、という意味です。この映画は、大衆受けするような映画ではないと思いました。ミニシアター系で上映するのが適しているとは思いますが、映画の製作にお金がかかっているので、ミニシアターのみでの上映は難しいでしょうね。 10年前は、シネコンも今ほど多くなく、今よりも映画業界は不振でした。映画を見る層も、今よりも限られていました。そんな時代の上映ならよかったかもしれませんが、今はそうではありません。 内容的にも、東映らしい映画だな、と思いました。東映は「ワンピース」や「相棒」を除いては、ヒット作に恵まれていません。10年前の映画だと知らない時点でも、東映は市場にあわない映画を作っているな、という印象をもっていました。また、その時点でも今でも、3Dで簡単に稼ごうとしているな、と思っています。

閲覧数784