ここから本文です

バトル・ロワイアル3D (2010)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 42
  • みたログ 157

3.21 / 評価:130件

解説

クエンティン・タランティーノをはじめ、世界中の映画人に影響を与えた故・深作欣二監督が、高見広春の原作を映画化したバイオレンス・アクションの3D版。新世紀教育改革法・通称BR法が敷かれた世界で、殺し合いを余儀なくされた中学生たちの血塗られた死闘と運命を描く。理不尽で残虐な殺し合いのシーン、教師役のビートたけしの名セリフなど、2000年の公開当時に賛否両論を巻き起こした大問題作が3D処理でどう生まれ変わったのかが見ものだ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

少年犯罪撲滅のためBR法(新世紀教育改革法)が可決・施行されるが、それは健全な大人を育成するという目的のもと、全国の中学3年生から無作為に選ばれた1クラスを最後の一人になるまで殺し合わせるというものだった。やがて無人島に拉致された42名の中学生たちは、担任キタノ(ビートたけし)からゲームの開始を告げられる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ