2011年1月15日公開

ソーシャル・ネットワーク

THE SOCIAL NETWORK

PG121202011年1月15日公開
ソーシャル・ネットワーク
3.6

/ 2,980

21%
35%
29%
10%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(1,237件)

知的30.9%切ない17.2%かっこいい8.2%悲しい7.0%楽しい6.4%

  • kun********

    2.0

    スティーブジョブズとの比較

    スティーブジョブズの映画とよく似た映画だが、まだマークザッカーバーグという人物の人生がまだまだ途中であるため、起業家の人生としてはまだまだ薄く感じてしまう。回顧録として表現される物語だが、そんなに昔の話では無いため、時間の移り変わりが非常に分かりにくい。ザッカーバーグ自身メタバースへの投資等まだまだ現在進行形の人生であるため、あと30年後にもう一度映画をつくってほしい。

  • 立花真由美

    4.0

    ただのオタク青年が経営者になるまでの物語

    Facebookの創業者のザッカーバーグの映画。ザッカーバーグが若手経営者として注目されていたときに観ようと思ってましたが、ずっと観ていなかった作品。 ただのオタク青年のザッカーバーグがなぜFacebookのようなSNSを事業とした会社の経営者になれたのか。事業における人間関係の大切さがひしひしと感じられる作品でした。

  • hick

    5.0

    ソーシャルメディアの彼にはソーシャルスキルが無かった

    【ガツガツ進む】 とにかくテンポが速い。2時間があっという間。たたみ込むように進んでいく展開は、登場人物たちのせっかちな性格を表現してるかのよう。早口のオンパレードで字幕に釘付けだが、セリフ自体が面白く、どんどんハマってく。電子音を多用した音楽もカッコいい。(これはインダストリアルミュージックって言う種類?) 【過去と現在の同時進行】 過去ベースで進んでいくが、頻繁に現在で起こっている訴訟シーンが挿入され同時進行していく。過去目線で「この出来事が未来にこう繋がる」という演出もあれば、現在目線で「今の証言は過去のこの出来事がきっかけだった」という紹介の意図もあり、シーンによって異なる演出のスイッチングが面白かった。最初だけちょっと混乱したが。 【腹立つマーク】 頭の回転が早すぎて会話のキャッチボールになる前に、次の話を考えている。冒頭の元カノ・エリカとのシーンで噛み合わなさがイライラするほど良く表れていた。劇中でも言われていたが「悪い奴ではない」。だからこそ周囲と噛み合わない協調性の無さは見ていて腹が立つ。 【でも、憎めないマーク】 それでも段々とピュアさが増して見えてくる不思議。やりたい事以外は無関心だが、逆を言えば邪念の無さが際立つ存在。ある意味読みやすい明快な奴。恋人も仲間も訴訟も全てコミュニケーション不足が原因であり、ソーシャルメディアのフェイスブックの創設者にソーシャルスキルが無かったという皮肉、彼の存在自体がコメディーだった。 【演じたジェシー・アイゼンバーグ】 彼はこの手のオタク系演技が上手すぎる。早口で、ちょっとロボットチック。溢れ出す不器用感。さすが。アンドリュー・ガーフィールドとの相性も抜群。得意とする演技の方向性が少し似ているようにも感じる。 【エドゥアルド】 金だけ出して除け者にされるかわいそうな奴。同情してしまう。終盤のクリスティとの修羅場はいくつもの意味が重なった秀逸なシーン。ティピカルな男女のすれ違いから、フェイスブックの副作用(拗れる人間関係)も表し、自社製品も使えない彼の部外者感や、マークからの電話でカオスな彼の心情が良く伝わってきた。 【ショーン】 人を操ってる気もないのが腹立つ。エドゥアルドが疑問視していた彼の素行の悪さが仇となる展開は爽快だった。これがあったから清々しく見終われた。演じたジャスティン・ティンバーレイク、とても良かった。 【総括】 『過去最大の"コミュニケーションの場"を提供したマーク・ザッカーバーグは"コミュ障"』そんな皮肉を全編で表現した今作。全てに無関心なマークは人を傷つけている事にも気付かずに、どんどん深刻な状況になっていくのが面白かった。そんな人物たちの面白い関係性や、俳優陣の好演、テンポの良さ、面白い会話劇であっという間に見終わった。素晴らしい作品。

  • h_d********

    2.0

    じっくりと鑑賞してみたが‥

    よく出来ている映画だとは思うけれど、全編通してずっと不快な気持ちのまま鑑賞。 ロードショー公開時も観ているのだが、当時の自身のネット関連の知識では劇場鑑賞に無理があったのだと思う。しかも、ただ誘われたから一緒に観に行った程度でそもそも興味もなく、何となく印象の薄い映画で終わったのも無理はないかも。 なので、当時は映画をきちんと味わいきれず、ラストシーンで Beatlesの「Baby, you're a rich man」が流れたことが嬉しかった、という思い出のみ。 今回じっくりと鑑賞してみると、この曲の題名のみならず曲調が、妙にこのシーンにマッチしているなぁ、と。 でも、じっくり鑑賞してみたとて「フェイスブックの成立ちって、単純な若者の成功物語ではなく、内幕はドロドロしていたのねー」いう感想以外は残らなかった。

  • npg********

    3.0

    うーん ファイトクラブのダイレクター

    らしいです。 可もなく不可でもないかなあ ドラマっていうか。。まあフェイスブック流行った頃にやれば受けたのかもしれません。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第68回

作品賞(ドラマ)監督賞脚本賞音楽賞

アカデミー賞第83回

脚色賞作曲賞編集賞

LA批評家協会賞第36回

作品賞監督賞脚本賞音楽賞

NY批評家協会賞第76回

作品賞監督賞

基本情報


タイトル
ソーシャル・ネットワーク

原題
THE SOCIAL NETWORK

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル