ここから本文です

大いなる決闘 (1976)

THE LAST HARD MEN

監督
アンドリュー・V・マクラグレン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 110

3.00 / 評価:40件

日本人には理解が難しいだろう。

  • biz***** さん
  • 2017年6月11日 14時49分
  • 閲覧数 987
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

米国企業に身をおいた立場で無いと、理解できないストーリーだろう。このフィルムを見ると、現大統領の振る舞いを思い出す。米国は昔からこの手の考えが
付いて回るのだ。悪党の首領がこう言う場面がある。「俺の考えに同意しないやつは出て行け。」すると「命令されるくらいなら出て行く。銃をくれ!」「俺を倒すならくれてやる。俺はお前たちと違う。少しだけ先が読める。付いてくるなら自由にしてやる。」この台詞はいまでも通用しているのだ。日本には欠落した台詞だが、米国は今でも力を誇示することが当たり前だ。もうひとつある。娘が襲われるのを見た元保安官が許婚に「罠だから行くな。生きていることが大切だ」と諭されて「お前、なかなかやるな。」と認められる場面。これは日本では
タブーだが、米国は生きていて何ぼの世界。殺されないことが美徳である。しかし米国映画も変わったことを象徴するシーンではあった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ