ここから本文です

ジョーズ・イン・ツナミ (2009)

MALIBE SHARK ATTACK

監督
デヴィッド・リスター
  • みたいムービー 1
  • みたログ 8

3.50 / 評価:6件

映画史上初のダブルディザスターパニック

  • ikecchi さん
  • 2010年8月16日 0時02分
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

『人喰いザメが巨大津波と共に襲来する!!』
なんて謳い文句、これは怪しいと思っても観なきゃいかんでしょ(笑)

海底火山爆発によって発生した巨大津波が、多くの若者で賑わう人気のビーチ・リゾートを襲う。パニックに陥ったビーチに、更に、血に飢え凶暴化した人喰いザメが群れを成し、津波被害から生き残った人々を襲いにやって来る。

90分足らずの程よい短さで、割と早目にパニックな展開になるので飽きてる暇はなかったです。登場人物の人間関係も深く掘り下げなくてもよく分かるようになっているし、津波もまぁまぁ迫力あったんですけど、サメは残念ながら愛しのホオジロくんではなく、何万年も前に絶滅したと言われる『ミツクリザメ』という種でした。頭にツノみたいなのが生えてて、ちょっぴりカッチョ悪いんだけど、いかにも悪そうな人相…いや鮫相っていうのか?をしててまぁまぁな感じ。

個人的にはサメには死んだような(生気のない)不気味な目をしていて欲しかったんですけど…動きもしなやかすぎてちょい残念、CGだとリアル感に欠けてなぁ…。まぁ、『ジョーズ3』の動かないサメよりはもう何百倍も良かったけど(笑)

津波によって小屋に閉じ込められたライフセーバー達の生きるための戦い(恋愛話少々アリ)、思ったより面白かったです。終盤はちょっとスプラッター風味で引き気味でしたが(汗)

ストーリーには全然関係ないんだけど、この映画でわりと中心になってた俳優さん(ドラマ『スーパーナチュラル』の吸血鬼さんらしい)の腕に彫ってあったタトゥーが、カタカナで『ネョラョテ』…ストーリーも気になったけど、1番気になったのがこのタトゥー…意味が知りたくてネット検索しまくったんだけど、ひっかかるのは皆さん『どういう意味なんだ?気になる』って言う私と同じご意見で(笑)
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ご一報を!!

ということで、いろんな意味で面白かったですよ♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ