ここから本文です

美女と野獣 ディズニーデジタル3D (2010)

BEAUTY AND THE BEAST

監督
ゲイリー・トルースデール
カーク・ワイズ
  • みたいムービー 39
  • みたログ 237

4.19 / 評価:127件

解説

アニメーション映画として初のアカデミー賞作品賞にノミネートされた、1991年公開の35ミリフィルムによる『美女と野獣』のデジタル3D版。真実の愛をテーマにしたオリジナル版の世界はそのままに、圧倒的な大迫力と臨場感が加わった未体験の3D映像と共に珠玉のラブストーリーがよみがえる。当時CG界にセンセーションを巻き起こしたボールルームのダンスシーンがどう生まれ変わるのか、映像技術の観点からも見逃せない一作だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

魔法の力で世にも恐ろしい野獣の姿に変えられてしまった男は、魔法のバラが散る前に誰かを心から愛し、そして心から愛されなければ、永遠に元の美男子の姿に戻ることができなくなってしまった。野獣は心を閉ざして絶望の日々を送るが、そんなときに美しくかれんな娘ベルが現われ、二人の運命は大きく動き始めるのだが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ