ここから本文です

遠距離恋愛 彼女の決断 (2010)

GOING THE DISTANCE

監督
ナネット・バースタイン
  • みたいムービー 179
  • みたログ 636

3.25 / 評価:240件

実際に付き合っていたふたりが映画でラブ2

  • CONRAD さん
  • 2011年5月15日 19時51分
  • 閲覧数 697
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

プロデューサー、ドリュー・バリモアが製作した映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」(2009)で、ドリューは共演者だったジャスティン・ロングと実生活で交際をスタート。
映画が公開される前に破局しちゃうのだが、再び復縁。
そんな元の鞘に収まったふたりが、この映画「遠距離恋愛 彼女の決断」(2010)で恋人同士を演じるのだから、そりゃあどんな映画よりもリアリティがあることでしょうよ!?

レコード会社に勤めるジャスティン・ロングは、東海岸は“世界の中心”ニューヨーク在住。
ニューヨークの新聞社で研修中なのが、ドリュー・バリモア。
彼女は研修期間を終えるあと6週間で、西海岸のサンフランシスコへ帰らなければならない。
そんなふたりに恋が芽生える。
お互い割り切って始めた恋愛だったハズなのに、割り切ることができずに、事態は「遠距離恋愛」へ。

それがまた、ごく普通の遠距離恋愛なんですよ。
遠距離恋愛は、何か理由があるから、近くで恋愛できないものであって、恋愛と板挟みになるのはやっぱり“ありきたり”ですけど、仕事なんですね。
ドリューは学生期間を終えると、ニューヨークで就職しようと必至なんだけど、こんな不景気なご時世、ニューヨークに仕事はナシ。
いいなぁ~と思えたのはジャスティンが、彼女には云わずに、あちこちとサンフランシスコのレコード会社に電話してみては、転職を試みるんですね。
ことごとく断られるんですけど。
お互いがんばって近づこうとするものの、遠距離のまま。
切ないですねぇ~。
恋愛には犠牲が伴うのでしょうか?

けどもこれはコメディでして、切なさやシリアスさ、重々しさを出さずに、軽快なテンポで過ぎていきます。
お涙ちょうだいものではないので、気楽に観ることができる、コメディお好きな方には、もってこいの映画だと思います。

個人的には、ジャスティンが恐らく初めてだろう、戸惑いながら日焼けサロンを利用するときの“あたふた度”が、ツボに入るくらい面白かったです。
他にも、ユダヤ人に睨まれるチョビ髭、整髪料で斜めに整えた髪型、チャップリンに見えない偽ヒトラーみたいになっちゃう同居人であり親友のダンが、めちゃめちゃ面白い。
ノリで酔っ払いまくりジャスティンのセクシーな同僚と、一夜と共にしちゃうのも、滑稽で良くって。
けども全てが、こうやって備忘録的に記しておかないと、忘れちゃいそうなくらい、ずーっと単調でテンポがないシンプルな映画でして。

ちなみにこんなに映画ではラブラブだったドリューとジャスティンは、この映画の後また破局してしまい・・・
けどもドリューは、新恋人、セレブのウィル・コペルマンと、空港、ファーストフード店、路上、NBA観戦中であろうと至る所でキスする姿がパパラッチされているのでした。
その分別の無さ加減が、あまりにも女性らしくって可愛らしい、ドリュー。
シャネルCHANELの元CEOアリエ・コペルマンさんにももうご挨拶がお済みのようでして。
気が早いかもしれませんが、
おめでとうございます。
お幸せに。


ひかりTV Video On Demand

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ