レビュー一覧に戻る
ライトノベルの楽しい書き方
2010年12月4日公開

ライトノベルの楽しい書き方

802010年12月4日公開

yan********

3.0

学芸会レベルだが

レビューの点が良いので見て見る。 ツンデレ入った高校生美少女作家がスランプ脱出のため、同級生と疑似カップルになってみる・・・とまぁそんな青春ラブコメ。 話の筋は割とベタ。先が読めるところも多い。 演技に関しても部分的に学芸会レベルの箇所があり未熟。 全体にマンガ・アニメを意識したような演出が多く、アニメで作った方が効果的だったのでは?と見ている途中で思われたが、登場する女の子たちが(個人的には)皆かわいく見えたのでこれはこれで(実写でも)アリなのかもとも思われた。 しかしかわいくは見えたのだが、非常に(映像的に)効果的に主演の女の子の魅力を引き出せている「絵」なのかと言うとそこまでは行ってない気がした。 またアニメチックと言う点では「のだめ全編」の様な、明らかにマンガ的効果を意識した演出も、この映画にはまったのではないか?と思われた。お金がなかったかな? いずれにせよこの映画、最初から(あるいは序盤の登場で)主演や助演の女の子に興味が持てないと見ていてつらいと思われる。 演技を大目に見て、手軽にマンガを読む感覚で見ると、ノリやツッコミの要素が軽く「フフ」と笑ってしまう様になり、不思議なもので演技の未熟さも逆にアニメチックな演出を手助けしてる様に見えてくる。 出演する女の子達に興味を持てて、軽い気持ちで見れば楽しい時間を過ごせる、逆に真剣に見ると入場料をドブに捨てた気持ちになる映画だと思われる。 個人的には女の子達が好みで、ギャグが笑えたので好印象。

閲覧数571