ここから本文です

ウクレレ PAITITI THE MOVIE (2009)

監督
原口智生
  • みたいムービー 4
  • みたログ 6

2.83 / 評価:6件

解説

女優の洞口依子と、映像作家の石田英範によるウクレレ・ユニット「パイティティ」の活動を追った音楽ドキュメンタリー。結成以来音楽ファンの注目を集めてきた彼らの10年目の節目にあたる2008年の夏の思い出を振り返る。企画と構成を買って出たのは、『さくや 妖怪伝』などで監督としても活躍する特撮の巨匠、原口智生。『トウキョウソナタ』の黒沢清監督や、サザンオールスターズのベーシスト関口和之らバラエティー豊かな人々が織り成す人間模様が楽しい。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1998年、女優の洞口依子は映像作家の石田英範とウクレレ・ユニット「パイティティ」を結成し、コアな音楽ファンの支持を受ける。その後、彼女は2004年に子宮頸(けい)がんを発症するが、翌年には女優、音楽活動を再開。そしてユニット結成から10年目の2008年夏、彼らは精力的に渋谷での単独ライブや沖縄ツアーでの商店街練り歩き演奏などを行う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ