ここから本文です

バカがウラヤマシイ (2010)

監督
鋤崎智哉
  • みたいムービー 3
  • みたログ 6

3.57 / 評価:7件

解説

内定が決まらず、周囲に隠すように零細企業に就職した女の子が、先輩の副業を手伝ううちにトラブルに巻き込まれる人間ドラマ。学生による商業映画制作がコンセプトの“トリウッドスタジオプロジェクト”の第5弾となる本作は、監督と脚本を手掛けた鋤崎智哉の実体験を交えた半自伝的なストーリーが展開。主人公・希を演じるのは、テレビCMなどで活躍している安藤聖。彼女の姿を通じて、本気で挑戦することの大切さを痛感する感動作だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

物事を効率的にそつなくこなすことがカッコいいと考えている希(安藤聖)は、就活で不採用通知を受け取るばかりで、取りあえず小さな会社に就職を決める。そこでパッとしない曽根さん(古舘寛治)に出会った希は、曽根さんの副業(サクラ)の仕事を手伝うハメに。最初はバカにしていた希も、次第に楽しみを見いだしていくが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ