レビュー一覧に戻る
少女戦士伝 シオン

cho********

2.0

映像表現に起伏がなく、感情の移入が難しい

全編が、スタジオのグリーンバックの前で撮られたものらしいです。 そのせいなのか、状況や心情はナレーションで説明され、人物はカメラ前でほぼ棒立ちのままセリフを言い、アクションも2〜3歩足を踏み出すくらいのものしかありません。 俳優さんたちは頑張っています。 CGとの合成も低レベルではありません。 何故このような手法での制作になったのか、なかなか理解に至ることができていません。 資金の問題なのかなあ。

閲覧数73