2011年5月11日公開

ブラック・スワン

BLACK SWAN

R15+1082011年5月11日公開
ブラック・スワン
4.0

/ 5,586

37%
35%
18%
7%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(1,788件)

恐怖16.7%不気味16.1%切ない10.5%セクシー9.1%悲しい8.8%

  • skm********

    1.0

    ダラダラ…退屈

    展開の変化がなさすぎ!! 早送りして1時間過ぎて、消した 時間の無駄 40分ちゃんと見てなんも起こらんし、つまらん。起承転結の起が遅い。 私みたいにせっかちな方には退屈に思えるだろう。

  • mador

    5.0

    ネタバレナタリーポートマン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • a1b********

    5.0

    ネタバレバレエって大変

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • msc********

    4.0

    芸術の中にある狂気を見事に表してみせた秀作

    前半中盤は演出が抑え気味(ちょっと退屈)、 だが一転、狂気涌き出る後半からラストまでの脚本、演出は素晴らしい!! 表現するのは難しいが、芸術の中に確かにある狂気を見事にスクリーンに映し出してみせた。 チャイコフスキーの名曲「白鳥の湖」も力を貸し、観る人を映画の世界に引き込んでゆくラスト10分は正に圧巻!! ★4.5  なお、ナタリーポートマンが嵌り役。 今にも切れそうな糸の上を渡っているような緊迫感と、割れたガラスの上で踊り狂うかのような狂気溢れる演技で、この映画の世界観を見事に作り出した。 オスカー受賞も納得。 辛そうな表情がとてもよく似合う(?)イイ女優さん。

  • wee********

    4.0

    バレエ興味無くても•••

    観れますね! 12月ぐらいに鑑賞。有名だけど題材がバレエだったので敬遠していました。 普通に良かったです。ずっと飽きさせない演出はさすがですね。 もうこっちが幻想なのか現実か分からなくなってくる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第68回

女優賞(ドラマ)

アカデミー賞第83回

主演女優賞

ヴェネチア国際映画祭第67回

マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)

LA批評家協会賞第36回

撮影賞

NY批評家協会賞第76回

撮影賞

基本情報


タイトル
ブラック・スワン

原題
BLACK SWAN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日