ここから本文です

ブラック・スワン (2010)

BLACK SWAN

監督
ダーレン・アロノフスキー
  • みたいムービー 1,064
  • みたログ 8,712

3.90 / 評価:4,676件

ポートマンの神がかり的演技が凄い!

  • ポルティ さん
  • 2018年1月14日 23時40分
  • 閲覧数 3448
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

バレエをテーマにこそしているが、内容は完全なアロフスキーワールド。監督が「レクイエム・フォー・ドリーム」で描いた方向性と同じで、倒錯した狂気じみた映像が観客の脳を直撃し、思考を麻痺させる。これはもはやサイコ・ホラーの様相だ。華やかで美しいバレエ映画を期待して観た人や彼の映画を本作で初めて観た人は、とんでもないモノを見せられるだろう。
ただ、本作で観るべきは、ナタリー・ポートマンに尽きる。バレエのことはわからないが、彼女は体型も含めて本当にバレリーナになり切って踊っているようで、その渾身の演技を観るだけで価値がある(バレエの分かる人が観ると下手過ぎてなってないそうだが、そんな揚げ足取りは野暮だ)。アカデミー賞受賞も納得の大熱演だ。「レオン」で観て昔から知っているあの少女が大女優になったものだなあ、と感慨深いものがある。この映画の振付師と結婚して、子供も授かり、オスカーも受賞と、彼女の人生にとっても忘れられない作品になったのではないだろうか。
それにしても、ウィノナ・ライダーのあの使われ方はちょっと酷いな。アップが出るわけでなく、エンドロール見るまで全然気づかなかったほどだった。現役スターのナタリーと違って、こちらは完全に「終わった感」ありありの賞味期限切れ女優とはいえ、昔のネームバリューを生かしたもう少しマシな使い様はなかったものか・・・映画の内容とは別に、ハリウッド女優の栄枯盛衰の厳しさを痛感し、なにやら背筋が寒くなった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ