ここから本文です

ブラック・スワン (2010)

BLACK SWAN

監督
ダーレン・アロノフスキー
  • みたいムービー 1,067
  • みたログ 8,629

3.89 / 評価:4,603件

少女から大人へ(?)

  • l_l_l_3_8 さん
  • 2019年6月29日 17時06分
  • 閲覧数 1603
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

全編を通してナタリーポートマンの演技が素晴らしい。
クラシックバレエという一見高尚で美しい芸能世界の裏にある、嫉妬やセックスや挫折やプレッシャーなどドロドロとした事情が描かれているのがリアル。

純潔な主人公は、純真な白鳥の演技は完璧にこなせるが、官能や誘惑が主の黒鳥の演技をどうしても会得することができない。
ならば、セックスを知れという安直で低俗な提案や、セックスのことしか頭にない連中
に対して、拒絶感を示し続けるが、次第に・・・。

最後には役を奪われそうになったライバルを殺害して、それを秘めたまま
殺人という悪と真なる自己愛に目覚めた主人公が、黒鳥の演技を完全なまでマスターする・・・

のかと思ったら、殺したのは妄想で、実は自分のお腹を傷つけてました!
っていう展開がイマイチ。

もともとすごい才能があるに関わらず、お人好しや純潔が枷になっている主人公
のリミッターを外すきっかけとして描かれてはいるが、結局他者を傷つけず、
痛みを自分で背負うだけならお人好しの点は克服できてないじゃん。

また、自分の腹部を傷つけたことが破瓜の暗示なら、なんか結局
「セックスすればエロを理解できる」っていう最初の低俗な提案に乗っかった
だけに感じる。

映像や展開は飽きずに見れるが、有名俳優と古典とドロドロとした人間関係を
見せつければなんか名作っぽく見えるだけで、特に残る物は無い映画だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ