2010年11月13日公開

ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人

HERB & DOROTHY

872010年11月13日公開
ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
3.9

/ 79

32%
39%
22%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(41件)


  • しいちゃんのパパ

    5.0

    ☆絵画4782点の重みと巣立ち☆

    この映画の解説は、 他の優秀なレビュアーさんが 丁寧に説明しているので省略します。 今作の主人公である、ヴォーゲル夫妻が、 長年かけて、少しずつ集めた、 現代芸術の絵画数は4782点。 しかし、この4782点の総額は、 具体的には説明していません。 (金額に関しては、漠然と説明しているだけ) 『金が物を言うと、アートは沈黙する』 看板(だったと思う)に掲げられた文で問いかけるもの。 これだけの内容で、 この映画の断片が見えてきます。 お金で比較する以上に重要なモノを、 この映画は伝えているのだと。 むしろ、4782点の収集数の価値は、 金銭的なモノで測るものではないと言っているかの様に。 ドキュメンタリー映画であります。 現代芸術の世界という、疎く、遠い世界の話でありますが、 ヴォーケル夫妻のユニークなエピソードや生活ぶりがメインであり、 そういう点では、ドキュメンタリー映画にありがちな 敷居の高さは感じられません。 とは言え、今作に出演する現代アートの芸術家達の証言や、絵画を通じ、 現代芸術に精通している方なら、感涙・感動ものであるのも、 この映画のもう一つの面白さでありますが。 『給料で買える値段であること。』 『小さなアパートに入るサイズであること。』 『実際に自分の目で見て、「良い」と思ったものしか買わない』 この映画の一番の面白さは、 この3点のシンプルなルールで、 長年かけて、集めた4782点の現代芸術の数々。 一切売らず、その純粋で、一貫した収集の姿勢は、 営利目的、打算的で、生きている、 私達に、重要な再発見を提示していると思います。 先にも書いた様に、 打算的、営利的に賢く生き、 先を読んでリスクを回避する、 無欲で純粋に生きていく上では、難しい世の中であります。 それでも、この夫婦に憧れてしまう理由は何故でしょう? 今、その理由を上手く、言葉で説明はできません。 上手く、自分で考え、 解釈・咀嚼して、自分自身の世界の豊かさの糧とする。 これが、私なりのこの映画の楽しみ方であると思います。 今作は、☆満点。 リアルな社会で、こういう人が居ます。 それを丹念に描き、観客に、解りやすく、観る側の心に自然に伝わる。 ドキュメンタリー映画としての目的は充分に果たしていると思います。 今作では、ヴォーケル夫妻には、子供が居ません。 子供か居ない代わりに、4782作の絵画に、 深い愛情を注ぐことができたのでしょう。 だからこそ、アメリカのナショナル・ギャラリー等へ寄贈する時の、 ヴォーケル夫人の切ない台詞が、心に響いてきました。 しかし、4782点の絵画にとっては、実に幸せな事であり、 理想的な旅立ちであり、巣立ちであると思います。 この映画を観ることができて、本当にラッキーでした。 純粋に、創造性を具現化する芸術家を応援し、 見えるものだけでなく、背景を知ろうとする、夫婦の姿を通じ、 心が豊かになるかの様な、清々しい気分は、 この映画を観てよかったと思います。 ジャンルが異なるにせよ、 創造の産物である映画鑑賞にも、通じるものがあると、 思うのは私だけではないでしょう・・・。 資本経済という社会の事情、 貨幣を通じ、価値や優劣をしてしまうのは仕方ないでしょう。 しかし、貨幣を使っても、評価できないものがあります。 この映画を面白いと感じるのは、 潜在的に、そういう事を知っている事の 表れではないでしょうか?

  • gan********

    2.0

    知りたことに答えていない。

    私のような現代アートの素人が、一番知りたいのは、いくらで買って、いまどのくらいの価値になっているのか、だっだんだが、それは伏せられてる。残念。

  • mov********

    4.0

    ネタバレ素敵な夫婦

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    現代アート

    現代アートの作品をコレクション、膨大な点数に上ったためニューヨークの美術館に無償で寄付したハーブ&ドロシーのヴォーゲル夫妻のドキュメンタリー作品で、監督は日本人の佐々木芽生。 郵便局員と図書館の司書という金銭的に恵まれているわけではないのに、若手の作品を人気が出る前に買い集めていた。 現代アートはさっぱりだが、才能を見抜く力は凄いと思う。

  • hea********

    3.0

    アートな老夫婦

    アートコレクターの老夫婦を撮ったドキュメンタリー風映画。 なんと日本人監督作品です。 自分の感性を信じ、損得を考えずアート収集をする老夫婦には好感が持てます。 しかし、アメリカの現代アートは意味不明。 世界中から金は奪ってきたが、芸術や感性や歴史は奪えない。 そんなアメリカがガラクタをアートと呼んで自分を慰めているように見えます。 アメリカでしか通用しないアメフト・バスケ・野球に興じるのと同じなんですかね。

  • al2********

    5.0

    生き方がアート

    アートを愛し楽しむことは決して金持ちの道楽だけじゃない このNYのおしどり夫婦のドキュメンタリーを見てまさに目からうろこがおちた気分 毎月の給料から払える範囲内で、狭いアパートに入れる大きさで、そして何より全く無名でも夫妻の直感と心に訴える何かがあればすなわち彼らにとって珠玉の傑作だ 芸術の価値も知らず感性も持ち合わせてない金持ちがオークションで高額落札してもそれはただの自己満足かもしくは高く転売できる投資に過ぎない このヴォーゲル夫妻は作品だけじゃなく無名芸術家の成長過程、製作過程、そして親交を深めていくこと自体も純粋にアートの一部として楽しみ自分達が高く売って裕福になることなど端から頭にない まさに彼らの生き方自体が一枚の心洗われるすばらしい絵画を見てるようなアートになってます

  • やふたろう

    5.0

    【無欲】欲なきことは美しき哉

    単純に芸術を愛し、求め、育む。似たもの同志のヴォーゲル夫婦からほとばしる無欲の微笑みは、あいだみつをの言葉のように欲にまみれた小生に突き刺さる(涙)。 アートに携わる方々は必見のドキュメンタリー。本作のターゲットはかなり狭域であるはずなのに、単館系の映画館では満員になるほどの盛況振りのようでとても頼もしい。然しながら、Yahoo!映画のレビューはこれで3件目。ネットビューアーには見向きもされない作品であることも事実だろう。 同ジャンルのアート系ドキュメンタリーである『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』とは対極の作風。至って真面目に撮りあげている。ヴォーゲル夫妻の「法外な値引きを迫り、買い付ける行為」に不満を漏らす“評論家”が映しだされたが、みっともないジェラシーを際立たせるだけ。却ってヴォーゲル夫妻の無欲の行為が引き出され、観客に肯定される。見事な演出だ。 日本の美術文化。個人蒐集家が新たに現れるでもなく、公的資金のハコモノ行政はデビル・レンホーの登場で益々縮小傾向。企業経営の美術館についても、「上場会社」でなければ比較的自由な経営を行ってきたが、大塚製薬もポーラも上場が決まり、今までのように足枷のない作品の買い付けができるかどうか。株主から「儲かる美術館経営」を迫られたら手足が出ない。大塚美術館の場合はセラミックを焼き付けるだけだから何とかなりそうですが(笑)。 現在、日本において上場会社が経営する美術館は出光、京セラなど数える程度。出光に至っては上場するために泣く泣くセザンヌの『肖像画』を手放すはめになった。損保ジャパンだって、ゴッホの『ひまわり』を超高額で買い付けたのは前身の相互会社当時のこと。上場していたら、こんな買い物はできるわけがない。 ヴォーゲルコレクションが全米各地の~それほど有名でない~美術館に保管されている。英語表記のみになるが、『Vogel 50×50』またはドメイン『vogel5050.org』で検索すると面白い。現代アートの極み。何これ珍百景。 もう最後は蒐集依存症に陥って、買っても作品すら開梱しない有様。まるで、クレジットカード依存症に陥ったOLさんのベッドルームを見るようだ。翻って、小生だって映画依存症。何でもかんでも観たくなる。常に良作を求めるこの姿勢には猛省しかり、困ったものだ。ハーブ&ドロシーを見倣いたい。

  • tsu********

    4.0

    なるほどこういう人も世の中にいるのか

    教えてもらいました。 コンセプチュアルアートをわが子のように愛するピュアな姿勢が美しい、★四つ。

  • cha********

    4.0

    良いドキュメンタリー

    二人が生きてる今に出すべき映画でとても良かった。 他人に理解されなくとも、真面目に正直に生き、毎日を続けていくと、とてもいい。 注目を受けても相変わらずの毎日を続けるだけ。そこがよかった。 またみたいかといわれればみたくはないが、いいドキュメンタリー映画。

  • ant********

    4.0

    コレクター、かくあるべし。

    4000点ものアート作品を所蔵し、それをアメリカ全土の美術館に寄贈した夫婦、なんていうと「さぞかし金持ちなんやろなぁ」と思うかもしれませんが、全然そんなことないのです。 現在88歳になる夫のハーブは元・郵便局員で、一回り年下の妻ドロシーは図書館司書として長年勤めた人。マンハッタンの1LDKのアパートに住む、何の変哲もない一般市民です。ただ、二人とも無類のアート好きで、ミニマルアートやコンセプチュアルアートの作品を30年の間に実に4000点以上も買い集めたという以外は。 この夫婦の信条はきわめてシンプル。 「自分たちの収入で買えるものしか買わない」「アパートに入る大きさのものしか買わない」。そして、「実際に自分の目で見て、『良い』と思ったものしか買わない」というもの。 そこには難しい芸術論も資産運用目的もなく、ただただ「好きだから、買う」というピュアな愛好者スピリットがあります。 だから彼らは、まったくの無名のアーティストの作品でも分け隔てなく購入します。それによって助けられたアーティストも数多く、また、彼らが作品を購入した無名アーティストの中でも、後に世界的に有名になった人も少なくありません。ただの好事家ではなく、二人はしっかりとした審美眼を持ち合わせているのです。 40年以上の夫婦生活でついに子供に恵まれなかったというハーブ&ドロシー夫婦にとっては、アート作品こそが愛する「我が子」だったのでしょう。コレクションをナショナルギャラリーに寄贈した際の「息子を大学にやるような気持ちよ」というドロシーの言葉が印象的でした。 本作はドキュメンタリー作品としては決して傑出した出来という程ではなく(監督は日本人女性!)、90分が妙に長く感じた瞬間もあったりしたのですが、この夫妻の魅力もあって気持ちの良い映画になっています。なんと、好評をうけて続編の製作も決定したそうです。2人にはまだまだ長生きしてもらわなきゃいけませんな。 それにしても、金がかかる夫の趣味に黙っててくれるどころか自分も一緒に夢中になってくれるなんて……普通、現実的な奥様なら「こんな道楽にばかりお金使ってこのタコ亭主!!」と言うのが普通でしょうに。 ハーブさん、いい奥さんに出会いましたね。 これからも夫婦仲良く、お元気で。

  • sea********

    4.0

    ネタバレコレクター夫妻の軌跡。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hik********

    4.0

    素敵な時間の使い方

    最近は映画もテレビもなかなか良いものが無いので、ドキュメンタリーでも何でも2時間を無駄に過ごさないような作品を観たいと思っていました。映画に出てきそうなヴォーフェル夫妻のストーリーをこのようなドキュメンタリーで綴ったものも映画のようにおうちで鑑賞するには良いと思います。夕食後の夜のひとときをこのような作品で豊かな時間にしたいです。

  • ymo********

    1.0

    ジャンキーのお話

    ニューヨークで慎ましく暮らす元郵便局員と元図書館司書の老夫婦。そんな二人の楽しみは現代アートのコレクション。長年にわたり収集してきた作品は高価に取引される作品となりいつしか世界的な現代アートのコレクターに・・・。お話はだいたいこんな感じですが、何故にそんなことが可能だったのか?劇中においては、その答えとして夫婦愛や二人の持って生まれた審美眼だけでなく、完成された作品のみならず、その作品の制作過程やアーティストの成長過程にも注目し、現代アートコレクターではなく友人コレクターというほどアーティストと交流をもち、あたかも共同で作品を制作するかのごとくにアーティストと関わるなどのアートに対するとても強い関心などを上げています。そして、この夫婦のお茶目でキュートなキャラクター、まあ、とても良いお話になる要素が満載で実際そのようにつくられています。しかし、観る方といたしましてはとってもよいエピソードの数々を押しつけられて些か食傷ぎみのみならず単調で飽きてきます。夫婦の良い面のみを強調しているようですが、完全にコレクション中毒患者です。劇中においては多く取り上げられていませんが、彼らの作品の管理は無茶苦茶で多くが梱包したまま積み上げられておりとても作品に愛情があるようには感じられません。おそらく作品を購入すること自体が重要で購入してしまえば梱包をとる必要も特にないのでしょう。この異常なコレクションは夫妻に子供がいないことも遠因なのかとも思いましたが、その辺は詳しくないので何とも言えませんが・・・。

  • dee********

    4.0

    習慣が人生を変える

    アートをコレクションに夢中になりコツコツと収集し、気がつけば何十年間の習慣となり、それが生き甲斐にまでなっていく。 自分自身をとても知っているからこそ、美術品を決めるときにも迷いがない。 色んな情報や物体に振り回されない、 この映画を通して信念のあるシンプルな生き方を見せられたようにも思う。

  • gus********

    4.0

    ネタバレ小さな巨人さんに、ほっこり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bir********

    5.0

    アートに興味の無い方も

    楽しく鑑賞出来る映画だと思います。 こんなに気持ちがあたたかくなる映画を観たのは久々な感じがしました。 劇中も思わずクスクス… アートと出会ってコレクターと呼ばれるに至る迄の、とても理解し易いドキュメンタリーで、大袈裟な演出も無く淡々と進むのですが、この夫婦のアートに対してのピュアな思いが特に素敵で。 アートが好きな方と云うのは一筋縄ではいかないようなイメージが有りますし、個人個人が持つ哲学が自分のような素人には難解なのですが… 彼等には膨大な知識が有っても、まず好きか嫌いか、それが1番重要な訳です。 そしてハーブ氏のキャラクターが最高です。こんな表現は失礼かも知れませんが、キュートなマスコットのようです(笑) そんな彼を傍で尊敬の眼差しで見続けるドロシーさん… 私が鑑賞した日もご夫婦のお客さんをかなり見掛けましたので、是非ご夫婦で…。 映画館を出た後、その日一日中HAPPYな気分で過ごす事が出来ました。

  • uri********

    3.0

    アトリエの香りのする映画

    このご夫婦にとって、作品を集めることは趣味を超越して人生そのもののように思う。 美術評論家に並ぶほどの目を持ちながら、いつまでも素人でいつづけるところがいいのだろう。 彼らの作品を観る観点は、アート作品そのものというよりも作品を通して作者であるアーティストの心を観ているように感じた。必ずアーティストに会い、いろいろ話を聞く。そして、気に入ったアーティストの作風が変っていく様まで観続けるのだ。 「この絵はあの人が描いた絵」・・・・と、すべてにおいてアーティストの顔が観える作品で、家の中は足の踏み場もないほどだ。 彼らにとっては魂に囲まれているような感じなんだろうか。 そんな作品はいくら値が上がっても、お金で売りたくはないのだろう。 私も自宅で使う陶器の食器は「この人が作った」という作者がわかるものを集めている ので、そんな気持ちがなんとなくわかる。 映画を観ていると、まるでアトリエの香りがしてくるような感じがした。 ニューヨークのモダンな近代アートの心を知るご夫婦に、しばしの幸福な時間をいただいた。

  • mfm********

    5.0

    ほんとに素敵なドキュメンタリーです

    ハーブとドロシー、とってもチャーミングな老夫婦です。アートをほんとに純粋に愛していて、彼らこそ真のアートコレクターです。そして、彼らのことを日本人の監督がドキュメンタリー映画にしたということが、同じ日本人としてとてもうれしく思いました。アートに関心のない人でも、二人のキャラクターに微笑まずにはいられないと思います。是非多くの人に観てもらいたい映画です。

  • shu********

    5.0

    心があたたまります

    公務員の夫婦が現代アートが好きで好きでたまらなくて、いつの間にか世界的なコレクターになってしまいました、という話です。 現代アートは小難しそうでわからん、と思いがちですが、決してそんなことはなく、「きれい」「美しい」という感覚で見ることこそ大事、という基本を思い出させてくれます。 ナショナルギャラリーに寄贈した謝礼を結局、また美術品につぎ込んでしまった、など、ドキュメンタリー映画でありながら、クスッと笑えるようなシーンも随所に盛り込まれています。 見終わったあと、心がほんわかとなる映画です。 そういえばドキュメンタリー映画なのに眠たくなりませんでした。

  • ssn********

    5.0

    本当に豊かな人生とは?

     親戚が言うように、集めた膨大なコレクションからほんの数点売却すれば、二人は経済的にもっと豊かな生活を送ることができた筈である。  しかし、ある男性の作家が言うように、「コレクションの一部を手放すということは、作家が絵の一部を切り取って売ることと同じだ。」という意味が、二人にはあるのだろう。  二人の財産とは、約30年かけてこつこつと買い集めた作品群だけではなく、二人がそれらを収集するために費やした時間、出会いや思い出、大げさに言えば二人の人生そのものがコレクションに凝縮されているのだろう。  だから、到底、いや絶対に切り売りなどできなかったのだと思う。  僕は美術の知識はほとんどないが、共通の目的観、趣味といったものが夫婦の人生を豊かにすることを学んだ。 妻帯者の一人として、こんな二人のような素敵な人生が歩めたらいいな、羨ましいなと強く思った。

1 ページ/3 ページ中