レビュー一覧に戻る
ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
2010年11月13日公開

ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人

HERB & DOROTHY

872010年11月13日公開

ymo********

1.0

ジャンキーのお話

ニューヨークで慎ましく暮らす元郵便局員と元図書館司書の老夫婦。そんな二人の楽しみは現代アートのコレクション。長年にわたり収集してきた作品は高価に取引される作品となりいつしか世界的な現代アートのコレクターに・・・。お話はだいたいこんな感じですが、何故にそんなことが可能だったのか?劇中においては、その答えとして夫婦愛や二人の持って生まれた審美眼だけでなく、完成された作品のみならず、その作品の制作過程やアーティストの成長過程にも注目し、現代アートコレクターではなく友人コレクターというほどアーティストと交流をもち、あたかも共同で作品を制作するかのごとくにアーティストと関わるなどのアートに対するとても強い関心などを上げています。そして、この夫婦のお茶目でキュートなキャラクター、まあ、とても良いお話になる要素が満載で実際そのようにつくられています。しかし、観る方といたしましてはとってもよいエピソードの数々を押しつけられて些か食傷ぎみのみならず単調で飽きてきます。夫婦の良い面のみを強調しているようですが、完全にコレクション中毒患者です。劇中においては多く取り上げられていませんが、彼らの作品の管理は無茶苦茶で多くが梱包したまま積み上げられておりとても作品に愛情があるようには感じられません。おそらく作品を購入すること自体が重要で購入してしまえば梱包をとる必要も特にないのでしょう。この異常なコレクションは夫妻に子供がいないことも遠因なのかとも思いましたが、その辺は詳しくないので何とも言えませんが・・・。

閲覧数699