ここから本文です

愛するとき、愛されるとき (2010)

監督
瀬々敬久
  • みたいムービー 4
  • みたログ 22

2.33 / 評価:18件

エロと向き合わずに何が"愛"だ?

  • kaspar_yurukueigazuki さん
  • 2011年6月25日 19時26分
  • 閲覧数 2358
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

・・・エロッ!

『Love&Eros CINEMA COLLECTION』の1作なんで、当たり前っちゃぁ当たり前なんすけど、流石ポ○ノ畑出身(というか現役!?)の監督さんだけあって、前半は完全に○ルノ(≒AV)のノリです!

ストーリー映画の「何か意味を問うエロ」では無くて、ただただエロいだけの映像!
いやー、ガツンとやられましたwww
巷に氾濫してるエロ、日常と化してるエロがありながら、そこに踏み込まずして、エロも愛も語れんっしょ?
っつー当たり前のことにキチンと踏み込んでる、その姿勢が素晴しいっすよね!

エロと向き合わずに何が"愛"だ?エロと向き合わずに何が"映画"だ?っつーことです。

でまぁ、ガツンッと見せておいてから、そこから「ストーリー映画的な意味を伴うエロス描写」へと展開させてるんで、かなり考えさせられる作品になっとるっすね。

まぁ、決して上手い映画ではないし、ストーリーはかなりザルな作品なんすけど、なかなか興味深い作品でした♪

まぁ意図されたものとはいえ、あまりにも直球なエロなので、全くオススメはしませんがwww

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 不気味
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ