ここから本文です

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 2 赤い彗星 (2010)

監督
古橋一浩
  • みたいムービー 16
  • みたログ 307

3.97 / 評価:115件

やっぱり尺が短すぎる

  • won******** さん
  • 2011年4月2日 21時20分
  • 閲覧数 429
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

私は宇宙世紀限定のガンダムファンです(親父っす)。

映像も音響も良かったです。
しかしながらやはり展開の早さは残念でなりません。
全6巻で終了とのことですが、全12巻でもっと丁寧に描ければと思うと・・・。
尺が短いという時点で既に「満点評価」できません。

さらに映像/描写が完成されすぎているせいか、今までのガンダムシリーズとは違和感を覚えます。

またMS戦も1、2巻を通し、1対1、もしくは1対雑魚というシーンが多く
ガンダム等の主役級のMSがスーパーロボットのような描写になってる点が気になります。
個人的には複数のMS 対 複数のMSの中に主役級のMSが混じった映像が観たいので残念ではあります。

あと、フルフロンタルのセリフ等がまんま赤い彗星を彷彿とさせすぎた為
興ざめしました(笑)デブリや小隕石を蹴ってという通常の3倍の速度の描写は細かすぎるなぁと思いました。

久々に味わえたガンダムワールドも残りあと4巻で終わりとは、やはり残念です。
次は「閃光のハサウェイ」あたりでも映像化してくれるのでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ