ここから本文です

マチェーテ (2010)

MACHETE

監督
イーサン・マニキス
ロバート・ロドリゲス
  • みたいムービー 236
  • みたログ 1,552

3.71 / 評価:703件

ロドリゲスとタランティーノが組めば無敵!

  • hoshi595 さん
  • 2020年2月27日 3時57分
  • 閲覧数 291
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「デスペラード」のロバート・ロドリゲス監督と「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が組めばこうなるという映画。本作品はロドリゲス監督作品に多く出演しているダニー・トレホの初主演映画でもある。

物語は何やらアメリカとメキシコの国境問題を利用して、政治と痲薬絡みの陰謀が展開するが、現在のアメリカの実情を先取りしたような内容が展開する。多少政治絡みの匂いもするが、見ていただければ分かるとおり娯楽に徹した演出は中途半端ではなく面白すぎる。

共演スターも豪華で、TVシリーズ「ダークエンジェル」のマックス役で知られるジェシカ・アルバ、「恋におちて」でメリル・ストリープと共演したロバート・デ・ニーロ、TVシリーズ「LOST」に出演のミシェル・ロドリゲスとジェフ・フェイヒ、「沈黙の戦艦」など”沈黙”シリーズでお馴染みのスティーヴン・セガール、「ミーン・ガールズ」で主演を務めたリンジー・ローハン、TVシリーズ「刑事ナッシュ・ブリッジス」でタッグを組んだドン・ジョンソンとチーチ・マリン、そして双子の女優エリーヌ・アヴェランとエレクトラ・アヴェランと個性ある俳優が揃った。

キャストがただ豪華と言うだけではなく、それぞれの持ち味を出させる演出が素晴らしく、当然ながら3年後に続編「マチェーテ・キルズ」が製作されている。

理屈抜きで面白いとは本作品の様な映画のためにある言葉で、残酷シーンもユーモア混じりの演出のためか気にならない。マカロニウエスタン調の殺し合いが続いても、全員主役並みの活躍に目を奪われ気分がスカッとさえする。

中でもジェシカ・アルバとミシェル・ロドリゲスの格好良さは双璧で大満足である。また、いろいろスキャンダルが多く人気が下降してしまったリンジー・ローハンの起用も素晴らしく、見せ場を与えているのには感心した。

最後は、やはり正義が勝つのが常道にしても、悪の結末が皮肉混じりで笑わせる。そして、強い男がモテるのも世の常で、ラストシーンも納得である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ