2011年1月15日公開

その街のこども 劇場版

832011年1月15日公開
その街のこども 劇場版
4.2

/ 188

48%
30%
14%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(90件)


  • tai********

    4.0

    俺もまぜて!と言いそうになる、この夜

    君は夜通し、始発を待って歩き続けた事はあるか・・・1人で。 こんな良作に失礼ではあるが、見ていると足が痛くなったとこっそり告白しなければならない。 だから一回でいいので座って足を休めているシーンを入れてほしかった。…というのは冗談で。 このような、まぁ、映画に不謹慎にも羨ましいと思ってしまった僕ではあるが。 …声を大にして言いたい。「夜更かし映画にハズレなし!!」 (”夜のピクニック”とかね)。

  • oce********

    3.0

    風化させないこと

    決して悪い映画とは思えないけど、この作品は阪神大震災を経験しているか、あるいは身の回りで被災した人間がいるかどうかで印象が変わってくると思う。 神戸の街でたまたま出会った男女。 お互い被災者でありながら神戸を離れて上京。 久々に帰ってきた故郷でお互いの現状を話し合っていく。 構成としては「ビフォア・サンライズ」と同じだが、その目指す方向性が違う。 異国の地で孤独を埋める対象ではなく、共感をいかにお互いの中で見出していくのか。 決して恋愛関係に落ちないことはいいし、震災があったとしても生き続けなければならないというメッセージは素直に飲み込める。 だからこそ震災を映像でしか見ていない人たちにも共感させることは出来たはずだと思ってしまう。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    3.0

    次の電柱まで荷物を持つ

    男女二人の歩行中の会話でほぼ成り立ってる。 男は、放置自転車を見つけて、何度も乗ろうとする、女はその度毎に強くそれを拒む。 男、父親が震災時に十倍の修理費用を請求して阿漕な商売をしたので一家が神戸に居られなくなった。その事の正当化に拘る。 女、東京に移ったのは家庭の事情、仲の良かった従兄弟を失った悲しみを思い出す。 男、育った家庭の影響で放置自転車を借用する事に抵抗が無いのか。 女、悲しみから脱却する方法がわからないのか。 その夜に知り合ったばかりの二人の会話はとりとめもないが、運命に流されるしかない悲しみは表れてる。特に落胆する叔父の姿を見るのが恐いって言うところ。

  • chi********

    5.0

    歩きながら

    阪神淡路大震災。 慰霊祭に向かう偶然出会った二人。 お互いの傷を確かめながら、励ましながら 一歩、一歩、気持ちを整理しながら夜の町を歩いていく。

  • モナリザパーキング

    4.0

    ナチュラルすぎる!すきーな作品

    神戸市灘区。 阪神大震災を体験した女が15年のぶりに1/17の集いに参加する為に神戸市に帰る。 その途中でたまたま出会った男と途中までの道のりで震災での話をし、心の内を交わしていき、共感しあっていく。ロードムービードキュメンタリータッチヒューマンストーリー。 89A点 その場の雰囲気や、感情表現が物凄く自然でドキュメンタリーにしか見えませんでした。 こんな映画見た事ありませんでした。 私の中で、佐藤江梨子さんと森山未來さんはん記憶に残る俳優さんになりました。その後も応援していますね〜 オスススメですね〜。

  • kaz********

    5.0

    ネタバレ半分は実話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 坂田勝

    5.0

    神戸っ子

    久しぶりに見ました。 この映画は、特別何が有るって訳ではないんやけど、被災した神戸っ子の生乾きの心を上手く表現してると思います。 少しオープンで、少しわがままで、少してんしんらんまんな佐藤江梨子 特別しゃべる訳ではく、女性の言いなりになってしまう森山未來 セリフこそ神戸弁ではないけど、神戸っ子の雰囲気がよく出てます。 二人ともお互いの心に土足で入らない、アカン事はアカン!って言う感じ、必ずお互いの距離をとる感じが神戸っ子として表現されてます。 佐藤江梨子の、こんなんイジメやぁ〜とか、私の自転車メッチャかわいそうやってん!とか。 生乾きの心の傷の2人、一瞬で大好きな街、大好きな友達を失う心の傷は消えないけど、消えない事が悪い事ではないのかな?って思います。 自分は神戸を離れて8年ですが、やはり神戸っ子として生きてるんやと再認識させられる映画です。

  • qym********

    5.0

    「寒いから中に入ってください」

    かつてお世話になった人や昔の友人達のことを時々気にかけもするのだけれど、人見知りな性格でなんとなく照れくさいものだから、「元気にしてますか?」の電話はおろか、メールひとつすることも高い山を見上げるようにものすごく億劫になってしまっている僕がいる。 長いこと気にかけているくせして電話もできず、気がつけば15年以上もの月日が過ぎてしまった相手もちらほらと。 とはいえ、それは僕だけに限ったことではなく、誰しも思い当たることに違いないだろう。 単純に面倒くさいという理由もあるだろうけど、遠い昔にかかわった人達にふれるというのは、どこが過去の自分とも向き合わなきゃいけない部分もあるので、つまらない引け目やプライドが邪魔していることも認めざるおえない。この映画の主人公達もそうだったのかもしれない。 もしかしたら、僕が、「何となく気にかけている」という思いを相手も同じような形で長年心に抱え続けている可能性だってなきにしもあらずだ。 誰かに何となくでも気にかけてもらっている、と感じることは、生きていく上でワクチンみたいなものではないだろうか。 クライマックスのシーンで佐藤恵梨子扮する主人公の女の子が、ベランダからいつまでも手を振り続けるおじさんに向かって、泣きながら「もう、寒いですから中に入ってください」という場面があるけれど、相手を思いやる気持ちがその一言に集約されていて涙なしには見れなかった。じわーっと心にぬくもりが伝わる瞬間でもあった。 ささやかなぬくもりではあるが、そのぬくもりの総量こそが、制度や法律以上に強い街の基盤になり、再生に導いていくものなんだろうな。

  • mon********

    4.0

    ただただ歩く。

    それぞれの願い。 それぞれの想いを胸に。 それは決して忘れてはいけない記憶ではなく忘れられないノスタルジー。 20年という月日もそれを流すことはできない。 いつまでも共に。 また来年。また再来年。

  • 4.0

    歩くだけの話なんですが、、、

    ただ歩くだけの話なんですが、良く出来てる 音楽も良い 震災について考えさせられる 震災経験者ではないが、建築に携っている自分にとっても特別な映画

  • let********

    4.0

    ものすごいタイミングで作られた作品

    NHKの阪神・淡路大震災15年特集ドラマとして放送されたのが2010年1月。 大反響で再放送が繰り返され、劇場版として同年11月から先行ロードショーが始まり2011年1月から全国ロードショー。 その2ヵ月後に東日本で大震災が起こる。 今回の地震の後に作られた作品ならばとてもあざといようなメッセージだが、地震前に作られたこの作品の中だからこそ重く深いメッセージが散りばめられているので考えさせられるところが多くある。 特に、建築会社で設計の仕事をしている主人公の森山未來が、先輩に逆らうシーンがある。 大地震が来て建物のガラスが割れたとき、被害を少なくするための地上に作られるはずのルーフテラスの必要性にして、先輩は予算の関係でそれは作れないと言うが、森山未來はこれこそ必要なんだと反対する。 その後、先輩が森山未來に対していう一言。 「きりねえんだよな、こういの。もし本当にそんな大地震きたら、こんなのあってもなくてもみんなおじゃんだよ。まあ、それにそんなの、100年に1度あるかないかじゃん。」 それは、そのときはそうだったに違いない。その発言に説得力はあった。 しかし、100年経たずに大地震は起きた。また今後30年以内に大地震が来るという。 日本人の価値観が去年の大震災で大きく変わったのは確かだ。 原発に対しても真剣に考えるようになったけど、もっと人間として、生きる意味とか、そういうことを真剣に考えるようになった人は多いと思う。 特に東北や関東の人は、この2人の主人公のように、ガラッと人生を変えられてしまった。 いつ何が起きても不思議ではない。どうすることもできないほど大きな力に巻き込まれる可能性があり、死は突然やってくる。 このタイミングで作られた、ということに意味がある良い映画だ。 あと、佐藤江梨子が適役。どこか影があり、ものすごくクセのある彼女が個人的に初めてものすごく可愛く思えました。 そういうことかこの子は。となんだか勝手に納得した笑

  • kaz********

    2.0

    実在のドラマに遠く及ばない仮想物語。

    1995年1月17日。大きな揺れに目が覚めたものの、いつもの地震くらいの認識で再び睡眠に戻りました。そして朝のニュースで見る衝撃の映像の数々…。あの揺れはここまで大きな被害をもたらしたのだと言葉を失った記憶があります。あれから15年が経ちますが、時々訪れる神戸の街は震災の面影を残さない一方人々の心にはいつまでも記憶が残っているように感じます。 慰霊祭前日にたまたま知り合った男女が神戸の街を歩きながら震災の思い出を語り合う様子を描いただけの作品です。が、あまりにも2人の出会いが薄っぺらく嘘っぽい。棒読みのセリフで急速に打ち解けたと思ったら、突然ケンカ別れ。かと思ったら終電がなくなった街を数km歩きだす。あまりにも無茶な設定です。 そもそも14時台に新神戸に到着したなら、三ノ宮までどう歩いても16時頃のはず。そこでお茶して話し込んでも、飲み屋に移動したのは18時頃でしょう。終電なくなるまで時間経過しますかね? で、0時過ぎに終電を逃し、御影まで歩いてまた三ノ宮に5時に戻る。ビジネスホテルじゃなくてもネットカフェなどが数多くある繁華街ですし、タクシー乗るお金をケチるくせにタコ焼きや肉まんなどには金を惜しまない。行動が意味不明です。しかも全く余裕なさそうな時間なのに、歩くペースは全くあがらない。公園だ河原だと寄り道しまくってましたが、あれじゃ間に合わなかったはずです。 震災の犠牲者は6000人程度だったと思いますが、その数だけ今も物語が続いています。NHKが物語を作るなら、実在する物語を追いかけて作った方がより素晴らしいものになったのではないでしょうか。私にとって見所となったのは震災後の街の姿と、火事の模様の空撮だけ。考えさせられたのは1本2000円の焼き芋の話だけです。あの震災を題材にするなら、もっと重厚な作品ができたはず。納得できません。

  • pai********

    5.0

    ネタバレありのままのドラマ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cla********

    5.0

    静かで でも あたたかい

    阪神大震災追悼の集い前夜に偶然出会った男女 15年前に「あの地震」を経験した「その街のこども」が 最初は価値観の違いに反目しながらも 一晩ともに歩いて徐々に互いを理解し 心を開いていくさまを描いた 静かで、でもとても素晴らしい映画。 互いに「阪神大震災」は共通の出来事だが、震災後の神戸で経験した出来事はまったく別。 しかし それが深い深いトラウマとなり 2人とも前に進めないでいる。 サトエリと森山未来。ともに思春期に実際に神戸で阪神大震災を経験した2人。 どこまでがアドリブで、どこまでが脚色なのかわからない 素晴らしい脚本と演出、そして主演の2人の自然な演技に深い感動を覚えた。 (音楽もとてもいい。) 3.11の 東日本大震災しかり 『地震はほんまにワケわからへん』 その言葉に尽きる。 人間は未曽有の大災害に対し、茫然と立ち尽くすしかない。 避けることはできない。 だけど、寄り添って ともに立ち直っていくことはできる。 朝が来て、ともに目的地に向かう2人の眼。 浄化されたサトエリの眼。 決意した森山未来の眼。 2人はこれからもなんどもあの日を思い出しては立ち止まるのだろう。 だけど ちょっとずつ前進している。それでいい。 淡々としていて、それでいて 希望を感じるとても優しい映画。 大好き。

  • lal********

    5.0

    その街

    毎年観ている特別な映画。 ヘビーな体験者だけでなく、その周辺のかなり「広い範囲」、「遠い時間」まで届くはず。 神戸の震災から15年目につくられたドラマ。 東北で地震が起こってまだ3年。 サトエリにハグされて泣く意味が分かる人がこれからもっと増える。

  • 神重則

    5.0

    とても感動しました

    阪神大震災で親友を失った少女。その後に東京に引越して、モーターショーのコンパニオンで食べている。 大震災後に、人の弱みに付け込んだ商法で大金をつかんだ屋根職人の父親のせいで友人をなくし追われるように神戸を去った少年。今はマンション販売会社で立地・設計を担当している。 この二人を、実際に子供の頃に被災したという二人の俳優、佐藤江梨子森山未来が熱演しています。どちらも演技がうまく、自分でも気づかないうちに映画の登場人物になったような感覚がありました。特に佐藤江梨子はとても魅力的でした。 ストーリーとして、最初の出会いのシーンまでは出来すぎの感がありましたが、その後はストーリーも違和感がなく自然に入り込めました。とても良い映画でした。会場のあちこちからすすり泣きがもれました。私も二度泣きました。機会があれば是非ご覧ください。

  • kio********

    5.0

    せめて一人でも多くの人に、この作品を…

     阪神・淡路大震災から15年目にあたる2010年1月17日の夜に放映されたNHKドラマ「その街のこども」。何となく見たそのドラマは、その後、私の心の奥深いところで何かを囁き続けていました。きっと、そういう人が沢山いたのでしょうね。その年の秋「その街のこども 劇場版」として、全国公開されました。  そして、明くる2011年の3月11日。まさかあのような大地震と大津波に日本がのみ込まれるとは…。今日現在の死者は15,822人、行方不明者が3,926人。この中に救える命はなかったのでしょうか…。  今、私のように被災地から遠く離れた地に住んでいた者が神戸の街を歩くとき、震災当時のことを思い起こさせるものはほとんどありません。驚嘆すべきスピードで復興が成し遂げられたと思います。 しかし、現地にあって被災から復興を経験された人たちにとって、これまでの道のりがどのようなものであったのか。正直、全くわかりません。これまで、分かろうともしていなかったようにも思います。「久しぶりに行ってみると、神戸の街が昔のようにきれいになって…。」こんな言葉を、現地の方々はどのような思いで聞かれるのでしょうね。 だから、見事な復興などとは簡単に口にすることはできません。また、震災の傷跡が見られないなども…。  また、そうしたハード面だけではなく、心の問題としてこの15年を振り返った時、想像を絶する様々な出来事があったんだろうなと思います。でも、そのことも全く考えることができていませんでした。今、神戸の街を歩く人たち。そして、かつて神戸の街を歩いていた人たち。当たり前のように日常が過ぎ去っているように見えるけれど、ひとりひとりの心の中にはさまざまな思いがあって、今なおけりがついていないことだっていっぱいあるんだろうと思います。  阪神・淡路大震災は決して歴史上の出来事ではありません。今もなお続いている問題なのです。そんな当たり前のことを、この作品は教えてくれました。  東日本大震災から7か月が過ぎようとしています。被災地から遠く離れた地で安穏と生きている私に、現地に住む人たちのことの何がわかるというのでしょう。何にも分かっていないんです。そして、何もできていない…。  そんな私に、この作品はいろんなことを語りかけてくれました。  問題は、見えることだけではなく見えていないところにもたくさんあるんだってこと。  せめて、この作品を、一人でも多くの人に広めていきたいと思います。

  • MISSION

    4.0

    ネタバレ誰でも観て感じるものがあると思います

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 寅次郎

    5.0

    ネタバレ世界に配信して誇れる日本映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kaz********

    5.0

    私もその街の子供です

    震災当時 一面焼け野原となった長田区にあるミニシアターで見てきました どうしてもこの作品を鑑賞したくて 探したのがこの劇場でした 震災のあと父の事業が 震災特需で大儲けしたことで 震災にあったことよりも 人生において大きな転機となった勇治(森山未来) 震災で親友をなくし 遺族の悲しみを目のあたりして 震災にあって なぜ自分が生き残ったのかという 答えの出ない不安を抱えたままの美夏(佐藤江梨子) 震災から15年たった慰霊祭の前日 二人は出会い 真夜中の神戸の街を ひたすら歩く 本編の4分の1ほどが夜中のシーンでスクリーンが暗い  あの日の朝も何だか夜明けが遅かった そんなことを思い出す 1995年1月17日5時46分 5分かと10分かと30分かとも感じられる その揺れで 街は破壊され 様々な建物が崩れ 大勢の方が無くなり 生き残った人たちの人生を変えた 映画の冒頭に 当時のニュース映像が流れます 何度も見た 高速道路が倒れている映像 何度も見た 長田の町が焼けている映像 何度も 何度も見たはずなのに 涙が止まらない自分にびっくりしました もう なんとも感じないと もう傷は癒えたと というかそんなに傷を負っているとは思っていなかった 家族は みな無事だったし 家も崩れなかったのだから 当時の私は中学2年生で 地域はちょうど 被害の激しい場所から  一線をひいた処に合って ライフラインが一定期間 途絶えたくらいの地域です 同級生の中には家が倒壊した人もいましたが  全員が全員避難生活を していたわけでもありません 勇治も美夏も肉親を亡くしたわけではありません しかし震災が二人に残した傷は 本人が思っているより大きなものでした 三宮から 美夏の祖母の家に向かう間 二人はゆっくりと自分の傷と向き合います やっと向き合えた勇治と よっと乗り越える手立てを見つけた美夏 神戸に住んでいることを関西以外に住んでる人に話すと だいたいの場合 震災のことを聞かれます その時は 家も無事だったし そんなに大した被害は受けなかったと やけに明るく話す自分がいます 15年たちました ずいぶん過去のことのように思います 忘れたふりも出来るし 実際に普段の生活の中で思い出すことはありません ただ 大好きな神戸の街が 大きな被害を受け 多くの方が被害にあったこと 忘れることは できません それは 自分が大人になるにつれ この街で思い出が増えるたびに  大きくなる思いです 神戸の街は震災後 見事というくらいに復興しました 街は綺麗になったし 暮らしやすい街を作ったと思います それは 生き残った人たちの街を愛する気持ち 大好きな人と暮らした街 思い出が詰まった街を 取り戻したいという気持ち 暗い道を歩く二人が 最後 三ノ宮の東遊園地にたどり着きます その温かい光は 二人を未来へとそっと後押ししてくれているようでした 監督:井上剛さん 脚本:渡辺あやさん 音楽:大友良英さん そして兵庫出身の主演お二人に感謝の気落ちでいっぱいです 震災で苦しんだ人にも 震災を知らない今の子供たちにも 震災をテレビでしか知らない人にも 見て頂きたい作品です

1 ページ/5 ページ中