大いなる西部

THE BIG COUNTRY

166
大いなる西部
3.8

/ 162

31%
41%
15%
3%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(57件)

勇敢21.8%かっこいい21.3%知的9.6%スペクタクル8.0%切ない6.9%

  • pin********

    4.0

    誠実さを感じさせる西部劇。

    西部劇が苦手な僕でも、この作品はわかりやすく、楽しむことができました。 水争いを中心とした二つの家族の確執と、誠実さで争いを終わらせようとする男の姿という構図が、わかりやすく描かれているせいでしょうね。 結構長尺なのですが、飽きることなく、最後まで見られました。 主役の、東部から来た誠実な青年を『アラバマ物語』の真面目男=グレゴリー・ペックが演じているのも良いのかもしれません。 西部劇の売り物のガン・ファイトもそんなにないし、荒くれた男らしさを売り物にしているわけでもありません。 もうひとつのアメリカの良さ、「誠実に生きること」を前面に出していることが僕には受けたんでしょうね。 一般的には変則的な西部劇として、そして、大作の割に興行的には大コケした作品として評価されているとのこと。 だから僕には楽しめたのかな。 やっぱり本格的な西部劇は苦手なのかもしれないということを思い知らされました。 テーマ音楽はいいですよね。 まさに「大いなる西部」、広大さを感じさせてくれます。

  • say********

    4.0

    たまにはこういう異色西部劇もイイね

    ジョン・ウェインの正統派西部劇も良いけど、たまにはこういうドラマ系の異色西部劇も、悪くない。 グレゴリー・ペックにチャールトン・ヘストンっていうだけで、すでに普通の西部劇じゃないって予想はつくけど、見応え十分の厚みのある作品。監督がいいんだね。ヒロインも、どことなくヘップバーンに似たタイプって感じ。 多数の登場人物がいる中、役柄でカッコいい男は2人しかいない。主人公と、敵のオヤジ。見た目デブのヒゲの汚い田舎オヤジなんだけど、超カッコいい役柄。と、思ったら、アカデミー助演男優賞だった(笑) あと一人、古い使用人がイイ味出してる以外、みんなクズ。なんだけど、そんなクズの役を演じる俳優たちは、みんな素晴らしい演技。お陰でグレゴリー・ペックの2枚目が引き立つ。 ベン・ハーとローマの休日が好きだったら、見る価値ある。ベン・ハーよりちょっと前に作られた映画だけど。

  • ech********

    4.0

    正統派

    こういうてらいのない真正面の映画って最近ないですね。 ヤクザレ一家のお父さん、最後カッコいいです。 オスカー助演だと、納得。

  • ame********

    4.0

    牧場主の娘との結婚に西部にやってきた男

    雄大な西部の風景の中に潜む確執の根深さを知り 水源ビッグマディの牧場主の女先生から牧場を買う 常に男らしさを見せることを是とする西部の価値観に染まっている娘との仲は破綻し 男はこのような土地の中でも教養のある女先生に惹かれていく 誇り高い人々の物語でした

  • mik********

    5.0

    広大な西部劇

    「ローマの休日」の監督が作った映画であるが、ロマンス系の「ローマの休日」と大河ドラマの「ベン・ハー」の間に挟まれながらも、広大な超大作な西部劇ですね。ちょっとドロドロなドラマあり、撃ち合いあり、西部劇の超大作の世界観を感じましたね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第31回

助演男優賞

ゴールデン・グローブ第16回

助演男優賞

基本情報


タイトル
大いなる西部

原題
THE BIG COUNTRY

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル