ここから本文です

フード・インク (2008)

FOOD, INC.

監督
ロバート・ケナー
  • みたいムービー 154
  • みたログ 304

3.87 / 評価:125件

観れば観るほど恐ろしい

  • popo さん
  • 2020年10月10日 20時13分
  • 閲覧数 406
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ある程度分かってはいるつもりだったが、
思ってた以上に恐ろしい現実に驚愕。

でもこれは私たちがより安く、より手軽、より大量にを求めた結果。
この映画を観て一度立ち止まって考えないといけない。
飼料が殆どコーンという事だが、コーンの輸入量は日本はトップクラス。
そう考えると日本の食も同じことなのか。
少し高くても安全な食品を食べたいと思うが、
やっぱり庶民は値段に負けてしまうのだ・・・悲しい。

そして、一番驚いたのが、企業と農家の関係。
農家は企業に逆らう事も出来ず従わないといけない。
その企業というのが、ほんの数社で占められている。
そこで働く人たちは移民であったりマイノリティーの人種の人。
しかも使い捨ての様な環境。
ますます経済格差が広がっていく。
眼をふさいではいけない問題だ。

かなり一方的に作られている映画だと思うが
こういう映画を観て考えるきっかけにはなる。
若い人たちに是非観てもらいたい。そして考えてもらいたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ