ここから本文です

白夜行 (2010)

監督
深川栄洋
  • みたいムービー 279
  • みたログ 2,308

3.13 / 評価:1339件

なぜ映画化したのか

  • mun******** さん
  • 2021年7月16日 13時54分
  • 閲覧数 844
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作、ドラマと見ている自分にはなんでこんな中途半端なものを作ったのか理解に苦しむ。
不要では?と思うシーンが長い割に重要なシーンはワンカットで終わったり。
また登場人物に特徴がないのでちょい役の人が再登場しても誰だろう?とわからないまま進んだり。
東野作品は割と自由にやらせてくれるのでメディア化しやすいのはわかりますが、篠塚との恋が実らなかったからラストまでのシーンに意味を持たせたドラマ版を
篠塚とあっさり結婚して家族と同居して篠塚が引きこもりになるとか映画版は本当に理解不能です。
他にもわいせつ写真を撮られただけだったのに事あるごとにレイプさせる設定だったり、あまりにも雪穂が強欲なだけの性悪女になりすぎていて途中から不愉快でした。
他にもいろいろ言いたいことはありますが、映画はとにかく時間が限られているので無理矢理詰め込むため、一つ一つの事件の背景や心情よりも撮りたいシーンを詰め込んだ結果中途半端になった感じは否めない。
白夜行は原作をきちんと読むか、ドラマ版をおすすめします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ