2010年12月18日公開

モンガに散る

MONGA

PG121412010年12月18日公開
モンガに散る
4.0

/ 102

35%
39%
22%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1986年、台北一の繁華街モンガは商業地区として繁栄する裏で多くの極道組織が覇権争いを繰り広げ、抗争の絶えない街だった。ある日、この街に引っ越してきた高校生のモスキートと、モンガで一番の権力を持つ極道の親分の一人息子で校内勢力を仕切っているドラゴンが出会い、意気投合した彼らは青春の日々を謳歌(おうか)するが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(63件)

切ない18.6%かっこいい13.6%泣ける13.1%悲しい10.4%勇敢10.4%

  • dkf********

    3.0

    漢が臭い立つ台湾黒社会の青春グラフィティ

    鑑賞前はバイオレンス描写を売りにした中華系ギャング物かと想像していたが、実際は若者たちの青春ドラマにしっかり軸足を置いた作品だった。 裏社会の抗争がテーマだけに暴力シーンは多いが、スタイリッシュな映像とセンス良い音楽(何故にエアサプライ?)のおかげでそれほど凄惨な印象にはなっておらず、所々爽やかな青春映画のテイストも感じられるところなどはいかにも台湾映画。韓流映画や日本映画なら同じテーマを扱ってもこんなセンチメンタルな雰囲気にはならないだろう。 まあ、主要登場人物達を演じる俳優達が皆んなティーンエイジャーには見えないのはご愛敬だが、イケメン揃いなればこそ観客の感情移入もしやすいと言うもので、台湾で大ヒットしたというのも頷ける。 「銃は臆病者の武器。漢なら素手と刀で戦え!」という親分の昔気質な台湾ヤクザの美学がカッコいい。香港ヤクザなんて、二丁拳銃ぶっ放しお構いなしだもんなあ(笑) 前半~中盤~後半それぞれテーマとなる展開が違うので、いろいろ詰め込んで描きたい監督(キャストのひとりとして重要な役どころ「ウルフ」を見事に演じている)の想いは理解できるが、140分という長尺はいかにも長すぎ。あと30分コンパクトにすればさらに作品のキレが増したと思う。 漢臭く、汗臭く、血生臭いギャング映画であると同時に切なく、ほろ苦く、クールな青春映画でもあるので、この手の話が好きな人は意外とハマるかもしれない。

  • fg9********

    5.0

    台湾映画史上、歴代第2位の動員記録に納得

     …あらすじは、解説のとおり。  序盤では、義兄弟の契りを交わした高校生5人の青春喧嘩物語が描かれていて、これだけでも結構愉しめたが、中盤以降は、極道の縄張り争いに利用されて、義兄弟であるはずの堅い友情がある一人の裏切りから音をたてて崩れてゆき、それに翻弄される5人の若者の姿が切ない。  クライマックスの対決のシーンは圧巻で、飛び散る鮮血を桜の花びらに見立てた美しい映像には、切なさとともに熱いものが込み上げてきてしまって抑えることができなかった。  台湾映画史上、歴代第2位の動員記録を作った本作らしいが、納得の一作となった。

  • kac********

    3.0

    極道なんて…

    最初は『ガキ帝国』や『 ビーバップ…』みたいだし、意外に軽くて笑って見ていましたが、泣きました。 頭が切れるはずのモンクが、なぜひとりあんな判断をしたのか。 父の腕の真実と、どこかでドラゴンに対する嫉妬もあったのかも知れない。 私はこの映画の、ベタで、ぎとぎとして、あざといくらいの表現が好きだ。 だってこれは、極道映画じゃない。 れっきとした、青春映画だ。 それにしても、台湾には有望な若手俳優がたくさんいるんだなぁ!

  • com********

    4.0

    素晴らしい男の友情

    ラストが本当にカッコいい とってつけたようなコテコテじゃない 優しさのあるくどくないの友情だよって感動した

  • jir********

    4.0

    魅惑の台湾

    台湾では記録を塗り替える大ヒットしたらしいが日本では上映館が少なかった しかし、こういう面白い作品が必ず話題になるというコト自体に映画ファンに頭が下がる 皆ちゃんと見てる これからの新人作家のモチベーションにもなるし、まだ捨てたもんじゃないと嬉しくなる ただ日本版のタイトルが頂けない 何故日本の配給会社はなんでも全部タイトルで説明したがるのか これじゃあラスト死にますよ、と言ってるとの同じ、最悪のネタバレ 原題のモンガのままで良かっただろうに 人口の割合に対して世界一多い台湾のヤクザ事情に以前から興味があったので知れたのも良かった 接着剤拷問や銃を卑下する等の文化の違いも面白かった 繁華街なんかは元から魅力的なので町並みが映るだけで高揚する 日本には好意的で大陸の人間が敵なのも、きっとそうなのだろう 物語自体は既視感が拭えていなかったが、それがどうした?という作風でもある為、そこはそんなに気にならなかった 台湾のヤクザの友情、悲哀。魅惑の画面、共感出来る文化、なんかを是非観て頂きたい 想いが詰まった一作

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
モンガに散る

原題
MONGA

上映時間

製作国
台湾

製作年度

公開日

ジャンル