ここから本文です

世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋 ~人気作家競演編~ (2010)

  • みたいムービー 10
  • みたログ 110

2.35 / 評価:91件

人気作家の原作は☆さすがの出来栄え!

  • aqu******** さん
  • 2014年2月12日 16時10分
  • 役立ち度 14
    • 総合評価
    • ★★★★★

シリーズ20周年記念作品である。
京極夏彦・万城目学・朱川湊人・東野圭吾・宮部みゆきといった今見ても豪華な5人の人気作家が原作を書いている。
どの作品もレベルが高く、ハズレがない。
「世にも奇妙な物語」シリーズの中でも1、2を争う出来栄えだと思います。

1.厭な扉
京極夏彦 原作
家族も仕事も失って生きる希望をなくしてしまい、ホ-ムレスに身を落とした男・引田慶治(江口洋介)。自殺をしようとする彼の前にふと、ホームレス仲間から一晩にして幸福を手に入れたホームレスと聞いていた新美禄造(笹野高史)なるナゾの紳士が現れ、彼からその「永遠の幸福」が手に入るホテルの招待状を受け取った慶治は、そのホテルに向かう。果たしてそこで彼に待ち受けているものとは…。
ストーリーの展開がよくてラストまで一気に見れる。ラストのビックリ度はけっこうなものだ!

2.はじめの一歩
万城目学 原作
「まずはじめに~」が口癖の篠崎肇(大野智)は何事も順序立てて考えてから結論を言わないと気が済まないサラリーマン。その口グセを持つことに恋人の坂本みさき(田中麗奈)は不満を持っていた。そんなある日、二人のデート帰りに、周囲の時間が止まり、肇の目の前に中年の神さま(伊東四朗)と若い神さま(遠藤憲一)が現れた。時間を止めているこの間に肇の願いを叶えてくれるというが、どう見ても怪し気な神さま達に肇は不信感を拭えないまま…。
とても面白いストーリーです。最後の最後までみて、アッと言ってしまう。よく練られた物語となっている。
      
3.栞の恋
朱川湊人 原作
邦子がほのかに思いを寄せる男性。男性は古本屋のある本を読んでいる。その本を開くとそこには栞がはさまれていた。その栞に手紙をしたためた邦子(堀北真希)。次のときにその本を開くとそこには彼からの返事が書かれていた…。栞が取り持つ、切なくて不思議な恋のお話。時間SFものとも言えます。非常にファンタジックで美しい物語です。

4.殺意取扱説明書
東野圭吾 原作
”殺意”の取り扱い方の説明書を手に入れた木谷晋吾(玉木宏)は、同期の川島実(塚本高史)との今までの事を思い返して、説明書通りに”殺意”を実行に移そうとするが…。
今回の作品で1番どんでん返しの強かった作品で、ビックリでした。人の心って本当に怖いですね。

5.燔祭
宮部みゆき 原作
最愛の妹を殺された男・多田一樹(香川照之)は17歳の少年が証拠不十分で無実になり、復習を心に誓い、17歳少年を殺害しようとする。一方で念力で火を起こす能力を持ったナゾの女性(広末涼子)はそんな多田に自分の能力を使わせようとする。復讐という秘密で繋がった関係にあったが…。   
香川さんと広末さんの演技力が高い。117歳少年の憎たらしさもよく演じられているので、とても感情移入できる作品になっている。
この作品は「クロスファイア(上・下巻)」という長編小説の前日譚になっていることにも注目したい。
評価は☆5つ文句なしです!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ