ここから本文です

ラブ&ドラッグ (2010)

LOVE AND OTHER DRUGS/LOVE & OTHER DRUGS

監督
エドワード・ズウィック
  • みたいムービー 324
  • みたログ 1,408

3.62 / 評価:677件

こういう終わり方のほうが良かったなあ

  • 寅じろう さん
  • 2021年2月21日 11時03分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最後、高速道路でマギーの乗ったバスをジェイミーが車で追いかける場面で気分が一気に冷めた。
安易にハッピーエンドにするよりも次のようなほろ苦いエンドの方が良かった。

シカゴ本社へ栄転したジェイミーは、順調に出世を重ね取締役にまで昇進、マギーと別れてから20年の時が流れる。
ある日、自宅で書類整理をしていたところ昔のマギーの写真を見つけ彼女と初めて出会ったピッツバーグへ赴く。
40代半ばを過ぎていたがマギーのことが心に残っていたためずっと独身だったジェイミー。
ピッツバーグにあるマギーが働いていたカフェで既に彼女が亡くなっていたことをリチャードから聞く。
マギーも独身のまま亡くなったがその亡骸にはジェイミーの写真が握られていたことを知り、ジェイミーは一人涙する。
そしてマギーのお墓に花を手向け立ち去ってゆく。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ