ここから本文です

恋とニュースのつくり方 (2010)

MORNING GLORY

監督
ロジャー・ミッシェル
  • みたいムービー 250
  • みたログ 1,641

3.55 / 評価:659件

仕事に悩む若い女の子応援映画

  • Shoko さん
  • 2020年3月17日 22時54分
  • 閲覧数 714
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

「プラダを着た悪魔」の脚本家と「ノッティングヒルの恋人」の監督の映画というので見てみました。
どちらも大好きな五つ星映画だから。

視聴率の低い、打ち切り寸前のテレビ局の朝の番組のプロデューサーとして奮闘するレイチェル ・マクアダムスは可愛いし、やっぱり演技が美味いなぁ。
キャスター役のダイアン・キートンはさすがベテラン、コメディのセンス抜群!と思うし、仏頂面で硬派の報道しかしない、とレイチェルを困らせる、伝説的な報道キャスター役のハリソン・フォードはこれまたさすがの存在感。
テレビシリーズ「エンジェルス・イン・アメリカ」で好きになったパトリック・ウィルソンさんがレイチェル の恋のお相手だったのも嬉しかったです。

なので特に悪いところはないのですが、個人的に「プラダ、、」や「ノッティングヒル、、」ほどの感動はなく、、。
どんなことがあっても苦難にめげず、最後に仕事で成功をおさめ、理解のある素敵な彼氏もゲットする若い女の子の話はストレートでわかりやすく、コミカルで楽しめるけれど、数年したら内容を忘れてしまいそう、、。
原因はキャスティングにあるのか、ストーリーにあるのか。
気軽にみるには普通に楽しめる映画なんですけどね。
仕事や恋に悩む若い女の子の心には響く作品なのかも。

テレビ局を舞台にした映画だったら、ホリー・ハンターさんの「ブロードキャストニュース」が良かったなぁ、なんて懐かしく思い出します。

三つ星半。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ