ここから本文です

英国王のスピーチ (2010)

THE KING'S SPEECH

監督
トム・フーパー
  • みたいムービー 2,963
  • みたログ 1.0万

3.92 / 評価:3,879件

秀逸な脚本。魅力あふれるキャラクター達。

  • pok***** さん
  • 2019年10月27日 14時09分
  • 閲覧数 467
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

面白いです。

吃音に苦しみ、それでも王族らしく生きようと努力するジョージ6世。

相手が王ではなく対等な医者と患者として
治療に取り組む矯正の専門家・ライオネル。

吃音は精神疾患だと初めて知りました。

虐待や重圧により発症するもので
彼のせいじゃないのにバカにされ・・・。

ただ原稿を読めばいいだけなのに
それを出来ない自分を責め続け
逃げる事もなく頑張る王。

権威にまみれて無能な大御所医者より
長年の経験により患者を心から治療しようとするライオネル。

魅力的なキャラクター達が作る物語に
グングン引き込まれます。

昔見て感動した「普通の人々」のラストを
彷彿とさせる「いい映画」でした。

同じ時代にある意味「天才」な
ヒトラーがいた事も皮肉で上手い脚本。

見て損なし。
大オススメ映画!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ