ここから本文です

ウィンターズ・ボーン (2010)

WINTER'S BONE

監督
デブラ・グラニック
  • みたいムービー 1,172
  • みたログ 1,258

3.55 / 評価:412件

シェリル・リー

  • 柴犬柴子 さん
  • 2014年5月12日 20時08分
  • 閲覧数 1612
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

まったく前知識もなくケーブルTVで放映されていたので見ました。

これは好きな人は好きだけど嫌いな人は見てるのツライ映画。

アメリカの下層階級の女の子が頑張る。
この「下層階級」ってとこが重要です。
17歳の青春時代の女の子が「黒、灰色、茶色」のみの服装。
髪はいつ洗ったのか自分でも不明なかんじ。
高校生なのに学校に行っていない。
親父は行方不明、お袋は精神を患っている。
小学生の弟、妹の可愛さが、ただ一つの救い。

この17歳の長女が凄いんです。
家や土地が抵当に入ってて親父を見つけ出さないと家から
追い出されてしまう。
親父の兄貴に助けを求めるけど、この兄貴も鼻に粉。
誰も助けてくれない。自分が頑張るしかない。

この長女が経験する地獄、見ているうちに憂鬱になってきます。
家族なんか捨てて逃げてもいいんです。別に。
アメリカは個人主義の国ですから。
でもそれは出来ない。
何故なら家族を愛しているから。
いつもボンヤリしてるお袋、可愛い弟と妹。
彼女の生きる理由が彼らなんです。

この長女の心の中の想いを考えると泣けてきます。

しかしアメリカの格差社会ってマジでこんなかんじ?
アメリカ人の白人の17歳ってチアリーダーとかやって
彼氏や友達と週一でパーリーして、マリファナ吸ったり。
楽しく暮らしてるんだろな・・と思ってた。

私の17歳時代より悲惨なアメリカ娘の青春。
私はお金も無い彼氏も無い服も無い・・ナイナイセブンティーン
だったけど高校行って部活やって帰りに女友達とマック行って
フライドポテトのLサイズを4人で10個食べて
帰りの地下鉄の中で胸焼けしていた。

素敵な青春時代だった。

それにひきかえこの作品の17歳は本当に偉い。

最初から最後まで暗い内容で途中でギブアップしそうだけど
最後のシーンで救われる。
「ああ、良かったね。頑張ったね・・」と心が晴れる。
鳥のヒナと楽器って、あんなに心に染みるものなんだな・・・

あと出演者リストに「シェリル・リー」ってあったけど
どの役?ボンヤリしてるお袋???
「ツインピークス」でメッチャ綺麗な死体役やってた女優さん。
あと主演のジェニファーさんは現実生活でもいいかんじ。
つきあってる男の趣味が良い。
あの俳優は子役の時に見たけど輝いてた。
ヒュー・グラント主演の映画に出てた子。

ジェニファーさんは撮影時20歳そこそこ。
彼女は若いのに腹が据わってる感じが良い。
演技派の大女優になるかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ